FXDD日本語サポートブログ
help desk software

このソードフィッシュを開発したFXDD技術部門の最高責任者のショーンさんに今回の開発に至ったきっかけや苦労したこと、さらに今後のFX業界に及ぼすソードフィッシュの予想される効果等を語って頂きました。

Q1. ソードフィッシュを作ることになったきっかけは?

MT4やバイキングなど、すでに数多くのプラットフォームがある中、お客様にトレード環境を提供するFXブローカーとして、「もっと自由で、もっとトレーダー視点のプラットフォームができないか」と考え、世界最高峰のFXトレーダー、技術者の知恵を集結させ、丸5年の歳月を経て生まれたのがこのソードフィッシュである。1日に何時間もトレード画面と顔をつきあわせているアクティブなトレーダーが、よりアグレッシブで、そしてクリエイティブなトレードができるようにと開発した結果、初めてFXをする方や小額で試したい方、またファンダメンタル派、テクニカル派、のどちらのトレーダーの方にも非常に使いやすいツールに仕上げることに成功した。プラットフォームを専門で作るプログラム会社に頼む方がもっと簡単で、もっと早く出来上がったかもしれないにも関わらず、私たちFXDD技術者チームが自社開発にこだわった理由は、めまぐるしく変化する為替相場同様、日々多様化するお客様の要望に、常に添い続け、FXブローカーとして応え続けたいと思ったからである。そして、その熱い思いこそが、FXDDがこれからの世界のFX業界を牽引して行くための使命なのではないかと私たちは信じていたからである。ソードフィッシュ完成後、大画面で軽やかに動くその姿はまさに大海原で自由に動き回る雄大なソードフィッシュ(ソードフィッシュは日本語でメカジキのこと)そのものだと、私たちは全員感慨にふけったのを今でも憶えている。ぜひ、この自由で、軽やかでスピード感あふれるソードフィッシュを、世界中のFXユーザーが体験し、そのフィードバックを知りたいと私たちは願っています。またそのフィードバックを常にリアルタイムでユーザー達に応え続けていくことがFXDDの技術者チームのリーダーとしての私の使命であり、喜びであると思っています。

 

Q2. ソードフィッシュをFX取引に利用する場合の最大の利点とは?

ソードフィッシュを利用することで得られる利点を主に3つにまとめてみました。
まず始めに大きく言えることは、ソードフィッシュはAPIインターフェースを使ったプラットフォームを介さずに、直接我々のバックエンド上で取引するという点です。これによりスピーディかつリアルタイムでの取引が可能となり、トレーディングプラットフォームを利用している顧客からの要望が高い「スピード」と「リアルタイム」という点で大きく改良されました。さらに、ソードフィッシュはユーザー側の視点を取り入れ、背景の色や全体的なレイアウトのカスタマイズが可能となっています。それにより、長時間スクリーンを眺めることで感じるストレスを大きく軽減します。
二つ目に、ワンクリックトレーディングの話なのですが、ソードフィッシュでは顧客が好みに合わせてロットサイズを調整でき、さらにサーバー側のトレーリングストップでトレーダーは利益を上げやすくなります。そしてそれらはすべてワンクリックで行うことができます。
三つ目に、様々な可能性を計算しているプラットフォームにおいて、必要とされるウィンドウや表、リスクマネージメント機能を切り離すことでユーザー自身がデスクトップをカスタマイズできるという点は大変大きな意味を持ちます。この機能によりトレーダーはどのように情報を見て追跡したらよいかを知ることができます。例えば、もし私がユーロ/USドルを取引しているとすると、プライスウィンドウとチャートが切り離されてるだけで、ユーザーである私はスクリーンのスペースをセーブでき、スクリーン上の他の選択肢を考えることができます。

 

Q3. ソードフィッシュ開発において一番難しかったが成功したことは?

どのシステムの開発においても多くの難題はつきものですが、もっとも難しかったことの一つとして、プラットフォームの特徴と可能性を優先することでした。我々の開発チームは重要と思われる多くのすばらしいアイディアを抱えていましたが、どのアイディアがクライアントにとって最もインパクトがあり、価値のあるものかということを選定する時が大変でした。例えば、Algo Tradingの制作には非常に大量の仕事を抱えましたが、その制作を初期の構築段階に持ってくることは大変重要であると信じていました。というのも、これを行うことで将来のプラットフォームの開発にかかる期間を設定するのにとても参考になるからです。自動取引が可能な数少ないトレーディングプラットフォームであるソードフィッシュの制作にもとても役に立ちました。

 

Q4. 今後のソードフィッシュとFX業界について

多くのプラットフォームは上級者向けの製品として始まりました。しかしそれらが行き着いた先は開発の余地を失っていました。我々の目標は顧客の声を聞き、常に新しい手法を導入することです。もし我々がマーケット内でソードフィッシュを最良のトレーダーインターフェースとして維持すれば、我々は業界全体で受け入れられる方向に向かっていくと信じています。

 

Q5. ソードフィッシュという名前の由来は?

きっかけとなったのは、私が魚釣りを終えて2匹の「ソードフィッシュ(日本名でメカジキ)」を持ち帰ったことに由来します。というのも、ちょうどそのときプラットフォームのコードネームを考えていたのです。製品がリリースされた段階では、その名前を変更するつもりでしたが、皆がその名前を気に入っているようでしたので、変更せずにそのままの名前を使うことにしました。

 

 

ショーンさんは現在もソードフィッシュのアップデートに尽力しています。また現在オープンになっていない開発中の機能などもショーンさんによって日々作業が進行中です。この後もソードフィッシュのアップデートに期待してください!日本語版のアップデート情報はFXDDブログ内で日々公開していきますのでお楽しみに!

もっとソードフィッシュの事を知りたい ⇒⇒⇒ ソードフィッシュ特設紹介ページへ

フェイスブック限定情報を今すぐチェック! ⇒⇒⇒ ソードフィッシュのフェイスブックページ