FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

薄商いでレンジは狭い。月末で金曜日。米国個人所得/消費

USD:  ニューヨークセッションのトレーダーが入り、米ドルは主要通貨の中で最弱です(全てに対して下落、しかし、動きは最小限です。)。今週これまでの所、米ドルはまちまちですが、あまり変化がありません。(対ユーロ、英ポンド、スイスフラン、そしてニュージーランドドルでドル高、対日本円、カナダドル、そして豪ドルでドル安となっています。)このペアは今週、豪ドルに対して最も下げています。(-0.86%)しかし、わずか(0.9230から0.9309)でした。個人所得と個人消費が8:30AM米国東部時間にリリースされます。その後、シカゴPMIとミシガン大学消費者信頼感指数で出るとこれで今週のリリースは終わりです。雇用データは来週です。

GBP:  英国では今日、経済データリリースがありません。イングランド銀行とECB – 審議ペーパー – 銀行資産の証券化と銀行から投資家へそのリスクを移転することで通貨及び記入の安定に寄与することができます。期待としては、リスクを一般大衆に拡散させることです。そうですね。GBPUSDの価格は現在、1.6745で上昇し、全主要通貨に対し上昇し、今日の強い通貨の1つになっています。1.6885での日足チャート上でのブレイクされたトレンドライン以下に留まっていますが、今日、1.663での100日移動平均の上にあります。来週、イングランド銀行の会合がありますが、変化は予想されていません。

EUR:  ドイツの4月の小売売上額は-0.9%下がりましたが、前月は予想-0.7%に対して+0.1%に上方修正されました。イタリアの5月のCPI速報は0.0%の予想に対して-0.1%で予想よりも下がりました。スペインCPI速報も+0.3%予想に対して+0.2%で下げました。ユーロは対米ドルで上昇していますが、値動きは上下に振れており、レンジは20ピップスでとても狭くなっています。EURUSDの今週の安値から高値までのトレーディングレンジは1週間で2番目に低いレンジのわずか82ピップスです。1.3621での100時間移動平均は買いをさらに誘うために到達すべきレベルです。昨日、市場のトレーダーはそのレベルで売っていました。

JPY:   コアCPIインフレ(食料品を除く)は3.2%上昇しました。(予想は3.1%)4月1日の消費増税に対して調整され、コアCPIは1.5%上昇しました。これは2008年後半以来から最高値であり、インフレを2%ターゲットに近づきます。インフレは1つです。それで労働者の消費が増えていくかは別の話です。世帯の支出(-4.6% vs. 予想. -3.4%)と事前鉱工業生産(-2.5% vs. 予想 -2.0%) は予想以上に下げました。日銀が2014年にさらに緩和を控えるかもしれないという思惑で、ほとんどの他の通貨に対して円高になりましたが、昨日の終値に対する値動きは最小限です。(最大での-10ピップスです。)

CHF: KOF経済バロメーターは弱い結果で99.8でした。(予想は101.7)USDCHF0.89876での200日移動平均レジスタンス以下に留まっていますが、0.89537での521日からの直近の上昇の38.2%でサポートの上にあります。いずれの端でもブレイクすれば、そのブレイクの方向でもモーメンタムを強めるはずです。

AUD:  鉄鋼価格が2012年9月以来、最低レベルに下落しました。鉄鉱石はオーストラリアの主要輸出品目です。豪ドルはずっと弱い状態ですが、またわずかです。来週、RBAの会合が火曜日にあります。(予想変更なし。市場は声明に注目)小売売上、第1四半期のGDP、貿易データの全てがリリース予定です。

NZD:  ニュージーランドの建築許可は予想-3.5%に対して前年比1.5%です。一般的にはこれは通貨にとって良いことですが、上昇はロンドンセッションのトレーディングで消えてしまいました。NZDUSD100日移動平均は0.8478でのこれまでの安値は維持しており、これは主要レベルです。

CAD: カナダの第1四半期と3月のGDPが資源価格と鉱工業生産価格(それぞれ予想は +0.5%と+0.4%)に合わせて8:30AMにリリースされます。USDCADは、1.07942のブレイクで1.0735での200日移動平均をターゲットにします。2013年1月以来200日移動平均の下で終値を付けていません。来週金曜日に雇用データがリリース予定。

530日の経済カレンダー

  • 月末要因。これがトレーディングと流動性に影響を与えます。
  • 8:30 AM 米国東部時間; 米国個人消費と所得, 予想.+0.2%と+0.3%
  • 8:30 AM米国東部時間, カナダ第1半期GDP, 予想年換算 1.8%. 3月前月比, 予想+0.1%
  • 9:45 AM E米国東部時間, シカゴPMI, 予想 61.0.
  • 9:55 AM米国東部時間, ミシガン大学, 予想82.5.

今日のチャート:

 2014-05-30 22-18-36

 ———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*