FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

主要通貨の5月27日の%変化

2014-05-28 12-25-18 

最強通貨: 豪ドル

豪ドルは昨日、最強の通貨でした。この通貨は全ての主要通貨に対して高くなりました。豪ドルはよりバランスの取れた経済を背景に今年、さらに強くなるという期待感からメリットを受けており、これは同様に、鉱工業がまだ活気がない状態であれば、豪ドルのメリットになります。

最弱通貨: スイスフランと英ポンド

スイスフランはウクライナの選挙の後にスイスフランの相対的安全性への需要が後退したことで、伸び悩みました。安全性投資商品としての流れを示す金は打撃を受けました。英ポンドは弱い英国銀行協会の住宅ローンの結果で下げました。

USD:

米ドルはまちまちの状態で、対スイスフランで上昇し、対豪ドルでは最も下落しました。耐久財需要データは予想よりも好調(+0.8% vs -0.7%予想)でしたが、その増加はボラティリティの高い運輸の要素(運輸を除けば、+0.1%)によるものでした。前月の修正は、木曜日にリリース予定の第1四半期GDPにプラスになるはずですが、上昇修正となりました。米ドル高ではありましたが、反転下落で米ドルは押し下がりました。

ケースシラー住宅価格は予想よりも良かったのですが、ほとんどの都市のトレンドは最初の月から下げていました。

米国消費者信頼感指数は83.0で予想通りとなりました。これは前月よりも高い81.7でした。

EURUSD200日移動平均まで上昇反転となりました。

2014-05-28 12-42-57

EURUSDの価格は金曜日と一昨日の安値に対して安値更新となりましたが、価格は下げ拡大とはなりませんでした。

そのため、どこに向かうのでしょうか。1.3635レベルでの200日移動平均の快適さに戻っています。

EURUSDの価格は200日移動平均の上下でこの3日間取引されており、一息ついています。このペアは今月380ピップス動きました。(さらに数日の動きです。)これは2013年9月まで遡る1ケ月のレンジとしては最大です。その結果、新安値を付け(昨日、付けたようですが)、価格がその安値以下に留まることができなければ、そのポジションに留まる動機はありません。トレーダーはショートカバーを行い、流動性の低い市場では、そのカバリングがカバリングを誘発します。

価格は200日移動平均での中立ゾーンに戻り、サイクルが再度始まりました。1.3646エリアでの100日移動平均(下記チャートを参照)と1.3647での5月15日の安値に要注意です。このレベルの上で動けば、このペアにとってポジティブです。それ以下では明らかです…1.36135以下の動きが必要となります。価格は3度下げており、毎回価格はリバウンドしていました。

 2014-05-28 12-44-50

———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*