FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

FOMC会合議事録はそれほどのサプライズではなかった

  • 景気の見通しは3月の会合以来実質的な変化はない。
  • 厳しい天候で第1四半期の急激な減速に至った。
  • 最近の指数はリバウンドしており、景気が緩やかな成長の方向に転じていることをほのめかしています。
  • リスクはまだ存在している。経済活動における回復は維持されるのを確認するにはまだ早すぎる。
  • 国際的な開発の可能性に対する持続する住宅セクターの減速を含め、成長が鈍化するリスクがある。
  • 中国が景気低迷のリスクとして言及され、ロシア及びウクライナに関する地政学的緊張の増大がある。
  • 住宅セクターにおける継続する弱さが言及された。
  • 住宅価格の上昇、労働力不足から来る建設業の障害と冬の天候を含め、住宅市場に影響を及ぼす広範囲の要因を注視している。
  • 政府は金融政策の引き締め開始時期に適切な政策手段を検討しており、戦略は進化していると述べた。
  • Fedはそうした大規模な収支で引き締めを行っていないため、Fedは広範囲の選択肢を検討し、保証される政策手段の生み合わせを調整するよう備えておくべきであるということを提案した。
  • 委員会は政策実行の体制と有効性を評価するために米国の証券市場に対する海外からの投資額、逆レポ、利上げを含め、一般的に様々な政策手段をテストすることを承認した。
  • 多くのFOMC出席者は世明確な政策のシグナルを支援した。
  • インフレは見られず、雇用増を促進リスクもない
  • インフレ期待はあるが、数年で2%

EURUSDFed議事録待ちの時間帯に、200日移動平均に近づく(そして反発)

 2014-05-22 10-30-40

EURUSDは1.3647レベルで今月の安値を付け、売り継続で1.3634の新安値を付けました。大きい緑線は1.3638レベルでのその下に立ちはだかっています。価格がその移動平均以下で終値を付けたのはしばらくぶりでした。(2013年9月)そのため、最初のテスト(それ以下にはストップがある)での主要レベルで押し目買いが出てくることを予想しています。1.3673レベルでのレジスタンスに要注意です。

 2014-05-22 10-32-14

Fedの議事録が発表される前の時点では、Fedが100億ドルのQE削減を行い、(前回の)声明内容の変更は最小限になると予想されており、大きなサプライズも期待されていませんでした。

———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*