FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

誰か、EURUSDの鼓動をチェクすることができますか。

2014-05-21 13-11-40 

昨日、EURUSDは1分間だけ100時間移動平均(上記チャートの青線)の上で取引されていました。(利下げの可能性が高くなったというECBメルシュ氏のコメントですぐに押しました。)

今日、アジアセッションの終わり/ロンドンセッションの始めに100日移動平均(青線)以下に動いた後に、移動平均レベルの上の価格で取引されていませんでした。

動きの無い事に加えて、一昨日は43ピップのレンジがあり、EURUSDの鼓動があることを判断したいと思っていました。これは今週の不安のあるスタートの7日前は安値から高値へ161ピップス、102ピップス、84ピップスそして85ピップスのトレーディングレンジを持つ7日間の内4日間は息を吹き返していたため、これは特に不幸なことです。それほど悪い動きではありません。しかしながら、「新たな生命」の期待は今週、打ち砕かれていました。 : (

テクニカルなダイナミクスはEURUSDでは準備が整っています。

  • 100時間移動平均の下に留まる(上記チャートの青線)  —> 弱気
  • 下方向では、1.3673(年足のトレーディングレンジの61.8%)以下の動きとなれば、1.3675での先週の安値は1.36264での200日移動平均をターゲットにします。価格はそれがこのレベル以下でトレードされ、終り値を付けた2012年9月5日以来200日移動平均以下で取引されておらず、翌日に移動平均の上にリバウンドしました。(翌6週間で1.3104から1.3831までの上昇)

 2014-05-21 13-13-57

100時間移動平均の上に動き、バイアスはそれ以下に留まる主要レベルとして1.3734-38で強気に転じています。これは、ブレイクされた2014年のトレーディングレンジの50%と100日移動平均を表します。

この分析を繰り返したくはないのですが、値動きは静かで、何が有効であるかを思い起こしていただく必要があります。結局、ある時点では(私の期待ですが!)、市場は死んでいる状態から復活します。

———————————————————————————————————————–
本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*