FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPY及び日本円クロスは好調なデータと安全性への退避で下げる

 2014-05-19 21-58-37

中国・ベトナムの緊張がロシア・ウクライナの緊張、株式市場の弱さが日本の機械受注の改善に加わり、そのことがUSDJPY(及び日本円クロス)の今日の基本的な下げを説明する上で役立っています。上記チャートを見ると、主要日本円ペアの金曜日の変化は全て下方向を向いています。

 2014-05-19 22-00-12

テクニカルな観点でUSDJPYを見ると、このペアは下げを拡大し、安値にある200日移動平均をテストしていました。200日移動平均は101.130です。(上記チャートの緑線を参照)今日の安値は101.094です。下方向に向かうボールは今日、101.42レベルのブレイクで一気に下げました。このレベルは木曜日と金曜日の底値レベルであり、5月7日に遡るレベルです。(下記1時間足チャートを参照)200日移動平均の重要性については、USDJPYは2013年(10月24日)に1度だけ200日移動平均の下で終値を付けていました。その移動平均の下での前回の終値は2012年11月13日にさかのぼります。

そのため、そのレベルに対してリスクを確定し、限定することができるトレーダーは、下げのモーメンタムでストップを置き、そのレベルで入って来ています。ブレイク時に100.74と100.617は次のターゲットになります。(2月4日からの安値と2013年8月8日の調整の安値からの上昇の50%)99.845を覚えておいてください。これは2007年の高値から2011年の安値への下げの50%です。

2014-05-19 22-03-19

 ———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*