FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは米国住宅データの改善でレンジ拡大となりましたが後退

予想よりも好調であった住宅着工データは今月40%上昇した強い集合住宅着工の影響を受けていました。一戸建て着工件数はより穏やかなものでしたが、健全な0.8%でした。建築着工件数も増えました。集合住宅着工件数での大きな増加は繰り返される可能性はありません。そのため、おそらくレポートは見た目よりも良くはありませんが、住宅市場に「フォークを突き刺した」者にとって安堵するものなりました。

USDJPYはデータを受けて上昇し、今日のトレーディングレンジを拡大しましたが、今日28ピップスから31ピップスとなることは正確には活気づけせるものではありません。その結果、素早い上昇を目指すトレーダーは落胆しており、価格は下げに転じました。

 2014-05-16 23-21-52

今週は、先週の金曜日のこのペアの終値は101.807でした。価格はグローバルの成長の減速と弱い株式市場(「安全性への退避」の取引を背景に下げる前に101.353でのピークに上昇しました。安値は米国株式市場が昨日の安値付近で取引していた頃に101.307に達しました。新規失業保険申請件数が7年間の最低レベルに減少したものの、昨日は下げました。それは雇用の良いニュースでしたが、グローバル経済の減速の懸念は、さらに高まり、ウォールストリートジャーナルの記事が指摘したように、米国は今年の第1四半期の2%のGDPに向けて順調に進んでいます。確かに、第1四半期は天候の影響を大きく受けましたが2%は2%です。

上記1時間足チャートを見ると、リリース後の高値は101.663へ動きました-週足高値から下落の38.2%リトレースメントターゲットには足りません。このレベルの上へ拡大することができないことで、ニュースでの買い手が落胆し、売り始めることになります。101.423レベルは先週までのトレーディングの安値でした。この安値レベル以下への押し下げの2回の試みがありました。(1つは昨日、1つは今日、そしてそれぞれ失敗しました。)そのため、押し目買いとその上での売り手間に継続する若干のバトルがあります。

(リスクを確定と限定の)根拠とするこのレベル利用する日中のトレーダーには注目してください。高値ブレイクとなれば、101.707(38.2%)の上の値動きとその上に留まることが必要となります。下方向では101.423に警戒です。これ以下での値動き、そして101.307での安値はプレッシャーをかけ続けるはずです。

株式市場は要注意です。

———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*