FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

GBPUSDは金曜日の急落の売りを忘れ、昨日、高値リバウンド

2014-05-13 19-52-49 

GBPUSDは金曜日に急落後の昨日のトレーディングで最高のパフォーマンスの通貨でした。金曜日の下落で、200時間移動平均を下抜け、1.6835-411エリアでのサポートの端まで下げていました。安値は金曜日に1.68314に達しました。

今日、トレーダーはイングランド銀行が遅かれ、早かれ、利上げ検討を始める必要があるという考えを持ち、英国経済の見通しに重きを置いており、リバウンドとなりました。

昨日の上昇は限定的でした。その価格は、200時間移動平均(上記チャートの緑線)で減速しました。そのレベルは1.6902に来ており、昨日の高値は1.69022で減速しました。トレーダーはそのレベルでリスクを確定し、理数を限定することができ、最初のテストでレジスタンスレベルをうまく利用していました。

高値からの価格調整は38.2%のリトレースメントと5分足チャート上の100バー移動平均(下記チャートの青線)に近づいていました。価格のモーメンタムが上昇継続となれば、この日中サポートエリアの上に留まることが必要となります。それで買い手が主導権を握ります。明らかに、1.6902レベル(すなわち、200時間移動平均)の上にブレイクすることが、上昇のポテンシャルを拡大するために必要でした。

高値ブレイクでの次の主要テクニカルターゲットは1.69138での先週の下落の50%リトレースメントとなります。その上では100時間移動平均(上記1時間足チャートでの青線)は1.69309に来ていました。安値が確実に有効であるのであれば、これも、最終的に突破するための主要な上方向のターゲットであり、トレーダーには今週、このペアのトレーディングでの高値レベルのサインがありました。

 2014-05-13 19-56-31

———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*