FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは200時間移動平均/38.2%リトレースメントを維持

2014-05-12 21-46-46 

USDJPYは今日、高値で取引されており、市場が開いた時から上昇していますが、200時間移動平均(上記チャートの緑線)の主要レジスタンスと38.2%リトレースメントレベル付近で減速しています。200時間移動平均は現在101.98にあります。38.2%リトレースメントレベルは102.031です。木曜日の遅い時間帯に始まった上昇モーメンタムを拡大するためには、トレーダーはこのエリアの上に価格を押し上げる必要でてきます。今日のトレーディングにおいてこのレベルの上に到達することができなければ、弱気派が主導権を握ります。102.031レベルでブレイクすれば、5月2日の高値からの下落の50%リトレースメントのテストに要注意です。そのレベルは102.219に来ています。

下側では100時間移動平均(上記チャートの青線)は押し目買いのサポートターゲットになるはずです。200時間移動平均と同様、それ以下の動きストップと追加の売りを誘うはずです。

価格が100時間移動平均の上で取引され、200時間移動平均(緑線)の上に行くことができない時、その状況を「ゴールポスト間での取引」と呼びます。市場が方向性のバイアスについて不確かなことを教えています。

200時間移動平均の上、あるいは100時間移動平均の下へのブレイクで、ブレイクする方向でモーメンタムが強まることになるはずです。この2つのコールポストのレンジを取引するトレーダーに要注意です。

———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*