FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSDはトレンドラインサポートをテスト、100日移動平均と50%トロレースメントは次のターゲット

2014-05-11 17-40-51 

EURUSDは日足チャート上の3つのサポートレベルの1番目をテストしています。このトレンドラインは2月に遡る安値を結んでいます。これはそのライン上の4番目のポイントです。(上記チャートを参照)

このレベル以下に動けば、価格は100日移動平均を下抜けます。(上記チャートの青線)そのレベルは1.3737に来ています。そのレベルのすぐ下は、2014年の安値の1.34762から木曜日に達した1.39925での2014年高値への上昇の50%リトレースメントです。

金曜日のトレーディングの終わりの時間帯には何でも起こりえますが、このエリアはサポートの買い、あるいは少なくとも週末前の小さな利益確定が入るはずです。

EURUSDは新安値をつけ、100日移動平均/年足トレーディングレンジの50% を目指している。

2014-05-11 17-42-52

EURUSDは金曜日の新安値を付けており、1.3737での100日移動平均(上記チャートの青線)の主要サポートターゲットを目指しています。2014年の安値から2014年高値への上昇の50%リトレースメントは、1.37344にきています。言うまでもなく、それぞれ3ピップス内での両方のテクニカルなレベルのこのエリアはこのペアの主要ターゲットサポートを表しています。

主要サポートのブレイク時に、2013年9月と2014年1月/2月の安値を結ぶトレンドラインは1.3721に来ています。(下記チャートを参照)これも弱気のバイアスと下落モーメンタムを維持するためにブレイクする必要となるレベルとなります。

サポートレベルを維持すれば、トップ側ではレジスタンスの1.3781-88に要注意です。これはチャンネル下落トレンドの38.2から50%です。(下記5分足チャートを参照)価格がこのレベル以下に留まれば、弱気派が主導権を握ります。

 2014-05-11 17-43-12

———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*