FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは上昇したが、イエレン議長のコメントに反応し、戻した

2014-05-08 11-25-39 

USDJPYは、参加者がイエレン議長のコメントを解釈するにつれて、上下に動いていました。全体としては、そのコメントは、引き続き雇用の確かさとインフレ圧力の欠如に関する懸念を述べており、ハト派に傾いた内容であったと思われます。

テクニカルな観点では、USDJPYは38.2%リトレースメントと102.03レベルでの100時間移動平均(上記チャートの青線)をテストし、維持していました。このペアはトレンドラインサポートが見つかった101.68レベル以下にブレイクしていました。日足チャートでのトレンドラインは101.52に来ています。(下記チャート参照)昨日の安値は101.423です。これらは売り手がその下に到達し、その下に留まることが必要となる次のターゲットとなります。これらのレベルの下では、101.308は4月の安値でした。200日移動平均(下記チャートの緑線)は100.98レベルに来ていました。

 2014-05-08 11-27-48

———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*