FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

ニュージーランドの失業率は予想よりも弱かったが、改善した部分もある

  • 失業率は変化なく6%に留まっている。これは予想の5.8%よりも高い。
  • 雇用の変化は+0.9% vs. +0.6%と改善した。前年比で雇用の変化は3.7% vs. 予想3.4%で強い結果。
  • 労働参加率は68.9から69.3に上昇した。これは確かさと常に高い数字の兆候でもある。
  • 平均の1時間の収入は前四半期の0.3%の増加よりも大きい0.7%上昇した。それは1.0%の予想よりも少ない。

NZDUSDは、このレポートを背景に下落しましたが、0.8678-84での次の下側のターゲットの上に留まっています。このエリアのブレイクは売り手が満足するために必要とされます。

 2014-05-07 13-09-56

ニュージーランド中央銀行ウィーラー総裁は、ニュージーランドドルの通貨レベルは維持できないと述べる

さらに加えて:

  • 通貨高はインフレを抑制する
  • 通貨はインフレ上昇評価の要因となる。
  • ニュージーランド中央銀行RBNZはファンダメンタルが悪化する場合は、介入する。

2014-05-07 13-11-50

雇用レポート前、NZDUSDは0.86847-0.87068での5月2日の安値からの上昇の38.2%-50%の間に下落しました。このエリアは4月29日の安値から一昨日達した高値へ価格を3.1%押し上げた買い手の意思をテストするでしょう。

彼のコメントは雇用レポート後の取引に影響を及ぼしていたかもしれません。トレーダーが上昇を抑えていたかもしれません。ヒントとなる0.8732に警戒してください。また、0.88447(4月10日)の以前の高値にも要注意です。売り手が買い手から主導権を取り戻すのであれば、その下に留まることがカギとなります。

介入の恐れに関しては、うまくいくような高いレベルで特に、それにびくつくことがあっても、一般的には他国の中央銀行からのサポートが必要となります。RBNZが経済が強いという理由で信用の状況を引き締め、それが一般消費と雇用、インフレの恐れがあれば、他国の中央銀行からのサポートが出てくるかどうかは分かりません。そのため、介入すれば、単独に行うことになります。

USDJPYはトレンドラインサポートをテストしている

2014-05-07 13-14-30

USDJPYは下げ、101.51レベルでのテクニカルサポートをテストしています。その価格でこれまでの所、そのテストのレベルで予想された買い手が出てきました。それはトレーダーがリスクを確定し、限定することができるレベルです。押し目買いと利益確定をするトレーダーにとってのエリアとなりました。(常に下へのブレイクで売ることができます。)その下へのブレイクは4月からの101.32の安値と3月からの101.19の安値を目指します。しかし、これまでのところ、サポート維持となっています。

下記5分足チャートを見ると、直近の足の38.2から50%リトレースメントから101.776から101.540への下げた下側は、101.63から101.658に来ていました。(下記ハートでの黄色のエリアを参照)これは近いレジスタンスであり、価格がこのレベル以下に留まることができれば、売り手が主導権を握ることを示します。

価格がこのエリアに戻れば、下側への直近の足での売り手は、昨日の安値が日足チャート上での主要トレンドラインでサポートが出てきたため、特にカバーせざるを得ません。これでしばらく市場に警戒すべき状況をもたらしています。

2014-05-07 13-15-47

———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*