FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSDは、弱いインフレでテクニカルサポート以下に押し下げに失敗した後に、スクイズで上昇

2014-05-01 12-55-59 

EURUSDはCPIの速報値が0.7%で0.8%の予想のよりも弱いものとなった後に、昨日のセッションで安値に下落しました。しかし、その時以来、価格が上昇に戻り、米国のトレーダーが入ると、昨日の高値付近で取引していました。

日足チャートを見ると(下記チャートを参照)、昨日、安値は2014年安値から2014年高値への上昇の38.2%の1.3774レベルをテストして慰安した。(下記チャートを参照)昨日の安値は1.3777に来ていました。このレベル以下に到達することができなかったため、ショートの買い戻しを行うテクニカルな理由をトレーダーに与えていました。市場は引き続き、トレンドを停止させ、急反転を引き起こさせる低い流動性のトレーディングの影響を受けていました。

上記1時間足チャートを見ると、価格は200及び100時間移動平均(上記チャートの緑線と青線)の上に戻りました。これらのレベルはそれぞれ1.3822と1.3833に来ており、トレーダーにとっての昨日のサポートになっていました。このペアはブレイクされた上方向のトレンドラインの下側をテストしていました。そのレベルは1.38533に来ています。このレベルの上での値動きは1.38635での先週の高値を次のターゲットにします。1.3878での今週の高値はこのペアの上側でのターゲットでもありました。

 2014-05-01 13-00-47

EURUSDは弱い米国GDPレポート後に上昇

 2014-05-01 13-03-46

EURUSDは悪化予想の米国のGDPレポートにより、上昇促進となっていました。このペアは1.3853でのブレイクされたトレンドラインレジスタンスの上及び1.38635での先週の高値の上での値動きでした。次のターゲットは今週の高値の1.38785、そして1.3904での4月の高値になります。ちなみに、4月のレンジは歴代最低でした。

価格が1.3853レベルの上に留まることができれば、これで買い手が主導権を握るはずです。このレベル以下の値動きの場合は、週足レンジの61.8%がある1.3839、そして1.3834での100時間移動平均を再度テストすることになるかもしれません。これは昨日のトレーディングレンジの38.2%の場所です。

2014-05-01 13-07-50

———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*