FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

昨日のトレーディングの日をレビューと今日の経済リリースとイベントのプレビュー

  • 米国株式市場はダウ平均が87.28(0.53%)の上昇、S&P500指数は6.03(0.32%)の上昇、しかし、ナスダック指数は1.16(-0.03%)の下落となり、まちまちで終えました。10年物米国債は0.38ベーシスポイントの上昇となり、2.702%となりました。
  • 3月の住宅保留指数は予想の1%に対して、予想以上の3.4%に上昇しました。
  • ダラス連銀製造業活動指数は6.0の予想に対して11.7としっかりした結果となりました。これは2013年9月以来、最高の数値となりました。
  • 米国政府はロシア個人と企業に対する追加制裁する。

本日の主要経済リリース:

  • 18:45(米国東部時間):ニュージーランド貿易収支 予想9億ドル、前回8.18ドル、輸出50億ドル(先月45.6億ドル)、輸出41億ドル(先月37.4億ドル)
  • 02:00(米国東部時間):スペイン第1四半期失業率25.85%(第4四半期25.73%)
  • ドイツCPI速報4月前月比、予想-0.1(先月+0.3)前年比+1.4%(前月1.0%)
  • 4:30 AM(米国東部時間):英国第1四半期GDP、予想+0.9%(全四半期+0.7%)、前年比予想3.2%(前年 2.7%)
  • 4:30 AM(米国東部時間):英国GfK消費者信頼感指数、予想 -4(前回-5)
  • 9 AM ET(米国東部時間):20主要都市のS&P/ケースシラー住宅価格指数予想13%(前月13.24%)
  • 10 AM (米国東部時間):米国消費者信頼感予想 83.2(先月82.3)
  • 10 AM(米国東部時間): 米国上院銀行委員会Fed指名者の投票

USDJPY100及び200時間移動平均で売り手が出てくる

2014-04-29 11-56-39

USDJPYでは100及び200時間移動平均で売り手が出てきました。(上記チャートの青線と緑線)これらのレベルはそれぞれ102.34と102.36に来ています。これらのレベルの下に留まれば、売り手が買い手から主導権を取り戻します。下側では、102.44以下の動き(先週の高値から先週の安値への下落のブレイクされた38.2%リトレースメント)がさらに市場を押し下げるために必要となります。102.209での狭いトレーディングレンジの中間点でのサポートもあります。(5分足チャートを参照)USDJPYはニューヨークセッションでの調整で、昨日のトレーディングレンジの38.2-50%でのサポートを維持していました。

日本円とニュージーランドドルだけが、米ドルに対して弱い通貨でした。

2014-04-29 11-59-29

USDJPY100及び200時間移動平均を上抜ける

 2014-04-29 12-01-47

USDJPYは予想以上の好結果であった保留住宅販売から100及び200時間移動平均を上抜けました。このペアは先週の木曜日の高値の102.637をテストしていました。先週の高値は102.714でした。これも昨日のトレーディングの上方向のターゲットでした。

5分足チャートを見ると、この通貨ペアの急騰のトレンドで、トレーダーは上昇の足の38.2-50%をサポートとして注目しています。(下記チャートを参照)そのサポートエリアは102.418-102.464レベルに来ています。その上に留まれば、強気派が主導権を握ります。しかし、その他での値動きとなれば、トレーダーはより警戒することになります。

 2014-04-29 12-04-19

———————————————————————————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*