FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

AUDUSDは日中トレンドラインの上に留まる。CPIがリリースされた。

2014-04-23 11-53-05 

AUDUSDは昨日、200時間移動平均(0.93669レベル。下記1時間足チャートの緑線を参照)を上抜けし、上記5分足チャートと下記1時間足チャートでお分かりの通り、急騰し、0.9377に拡大することができました。しかし、その動きは長くは続かず、下落しました。

その下げで、5分足チャートのトレンドラインサポートでサポートの買い手が出てきました。そのラインはこれまで5回、テストされていました。

そのため、サポートは維持されていましたが、200時間移動平均でのレジスタンスもふたをしたままでした。昨日は上昇し、下のサポートが維持され、終り値を付ける時間帯では買い手の動きに同意せざるを得ませんでしたが、市場が200時間移動平均の上に拡大し、留まることに失敗すれば、サポートラインが維持されていましたが、下へのブレイクで売り手を集める可能性があります。バネのエネルギーが溜まってきているかもしれず、ブレイクがすぐに起こるかもしれません。

2014-04-23 11-56-12
追伸、CPIは今日の朝(10:30日本時間)にリリースされました。前期比の予想は0.8%(前回+0.8%)に対して結果は+0.6%、前年比の予想は+3.2%(前回+2.7%)に対して結果は+2.9%。高いインフレは特に前年比で、強気のセンチメントを支援するかもしれません。しかし、このリリースでリスクが高まっていました。

一方、EURUSD100時間移動平均の上に戻ることができず下にブレイクとなる

 2014-04-23 11-57-35

EURUSDはエアーポケットに入っており、数分のトレーディングで下げました。このペアは昨日、100時間移動平均(上記チャートの青線)に到達し、その上に留まろうとしていましたが、修正で上に戻れませんでした。(下記5分足チャートを参照)これで、下落方向に流れが変わり、価格は1.3792レベルでの一昨日のトレーディングの終値レベルに向かって戻していました。( http://www.fxddjpblog.com/2014/04/22/37134/を参照)

その下の次のターゲットは1.37869に来ています。これは4月のトレーディングレンジ(1.3669での4月4日の安値から1.39044での4月11日の高値)の中間点です。

昨日のレンジは低く、39ピップスでした。そのため、この次のターゲットレベル以下でのブレイクとなれば、さらに売りもモーメンタムが強まる可能性があります。1.3760レベルは4月のトレーディングレンジの61.8%であり、ブレイクの下げのモーメンタムでの次の下方向のターゲットになるでしょう。

2014-04-23 12-00-34
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*