FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは株式市場の上昇とコメントで上昇。200時間移動平均を上抜ける

2014-04-16 22-13-58 

昨日はUSDJPYの価格は方向性のヒントを模索し、100時間移動平均の上下での値動きであり、静かな日でした。(上記チャートの青線参照)昨日の終わりまで、価格は前日の終値(月曜日の101.83に対して101.90の終値)の上で動き、101.70での100時間移動平均の上で終値を付けました。それで今日のトレーディングのポジティブな基調を定めたのかもしれません。

今日、ペアの価格は予想よりも好調な中国のGDP、上昇する日経株式市場(+3.01%、+420.87ポイント)そして2%インフレターゲットに達するまで刺激策を継続するとの黒田日銀総裁のコメントにより、サポートされていました。日銀は、4月1日施行の消費増税の否定的な影響に対処するため、夏に刺激策を拡大することが必要となるとの予想があります。

上記の1時間足チャートを見ると、価格は直近の5日強のトレーディングで102.15と101.32間の狭いトレーディングレンジにありました。アジアセッションでは、上昇モーメンタムは102.00レベルでのトレンドラインレジスタンスのブレイク、102.15での4月9日に遡る高値、そして102.21レベルでの200時間移動平均(緑線)で始まりました。次のターゲットは102.387レベルに来ています。(4月のトレーディングレンジの38.2%)50%は102.78でのその上です。100日移動平均は102.877に来ています。

短期トレーダーは価格が5日間の高値の上に留まり、上昇の値動きのモーメンタムを維持するかを判断するために102.15レベルでの近いサポートに注目しています。102.00レベル以下に戻る値動きは、今日の買い手に歓迎されず、このペアに対するさらなる下落方向のバイアスを誘うはずです。

もちろん、米国の経済データ(住宅着工、建築許可、鉱工業生産、資本稼働率)とFed高官はニューヨークセッションでの12:25PMに発言する予定のイエレン議長と2:00PM(EST)にリリース予定のFedのベージュブックに影響を与えます。QEが継続し、経済が厳しい冬に続き、回復してくることが予想され、インフレが回復していると予想され、引き締めはデータ次第であり、QEが終了した後の長期間、低いままとなる可能性が高いとイエレン議長が繰り返し述べると予想されています。延長の期間を確定するのを期待することはできませんが、彼女は今年の第2四半期、あるいは2015年に引き締めを行うことになると予想していると言うことはできます。

——————————————————

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*