FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPY…101.30エリアには何かがある

2014-04-12 13-03-47 

一昨日、USDJPYは予想より好調だった新規失業保険申請件数で上昇しました。それは、好調なデーターが出る時の典型的な反応であり、30万件の新規失業申請件数は7年間で最低でした。しかし、USDJPYの上昇は米国株式市場が開き、株式が売り、売り、売りとなった後にすぐに消えていきました。しかし、売りは最初の数時間のトレーディングの間だけでした。101.30レベル(上記チャート参照)に達した後に、売りが弱まり、その後の時間は株式が益々どん底に陥ったものの、上下に取引されていました。う~ん。

今日、米国データは再び、PPIが高く、ミシガン大学消費者信頼感指数も高く、予想よりも好調でした。しかし、USDJPYはそれほど影響を受けていませんでした。ロンドン午前のセッションからの高値は101.83に留まっており、価格はトレーディングレンジの中間で取引されていました。そのままであったのは101.30エリアでのサポートです。アジアセッションの安値は101.32でした。ニューヨークセッションの安値は101.36でした。

そのため、101.30レベルに関して何かがありますが、上昇には気が進まないということもあります。

何がこうした鼓動を変える可能性を持つのでしょうか。

まずは何ら保証するものはありませんが、昨日は金曜日であり、結局、市場は神経質でした。価格は101.52での一昨日の終値の上にありました。5分足チャート上の100及び200バー移動平均は101.56/57エリアにあり、価格はこのレベルの上にありました。

次のステップは101.72レベルでの2日間の限定的なレンジの50%にあるようです。価格はロンドンセッションでこのレベルを越えましたが、下落反転となりました。そのため、その上に戻り、留まることが、今後、次の強気のステップになるでしょう。一昨日の終値の下に動けば、上昇の気味の感覚はすぐに消え、101.30レベルを見ることになる可能性があります。

 2014-04-12 13-04-47

ナスダックは4000以下に下げ、200日移動平均/トレンドラインサポートに近づいています。
2014-04-12 13-07-07

ナスダックコンポジット指数は、4000レベル以下に下落し、4371のピークから8.6%下げています。今年は、この指数が-4.2%の下げとなっています。価格が200日移動平均に向かうのであれば、それは4371でのピークから10%の下落となるでしょう。(( 4371-3933)/4371 = 10.02%)それは私にとっては完璧すぎますが、3933レベルは可能性として否定できず、トレンドラインと10%の調整となるそれに加え、同じレベルに留まっている200日移動平均があるため、強いサポートにもなるはずです。それは完璧すぎです。

売りが本当に積もり始める場合、その下のもう1つのターゲットは2013年4月の安値からの上昇の38.2%となるでしょう。そのレベルは3743に来ています。そのレベルに対する動きは、ピークから14.3%の下落を表すことになるでしょう。

前回、価格は3933であり、それは2013年11月でした。前回3743だったのは10月でした。それほど以前のことではないため、トレーダーは忘れてはいないでしょう。
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*