FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

GBPUSDは移動平均とフィボナチサポートをテスト

2014-04-11 22-35-30 

GBPUSDはそれぞれ1.67168と1.67237レベルでの先週の安値から今週の高値までの上昇の38.2%、そして100時間移動平均(上記チャートの青線)を含む下側のターゲットをテストしてニューヨークセッションのトレーディングが始まりました。このペアは最初に安値に触れて跳ね返されましたが、安値付近に留まっています。今日のレンジは69ピップスです。直近の22日間(ほぼ1ケ月)のトレーディングの平均レンジは80ピップスです。

日足チャートを見ると、下落で1.6745エリア以下に戻しました。これは2月、3月の期間(下記チャートの黄色のボックス)での1か月間もみ合いしていた時の高値の終値だったことをお忘れなく。1.6746での終値を付けた火曜日、そして水曜日と木曜日に、価格はこのエリアの上に動き、1.68215での2月/年足高値での次のターゲットに向かっていました。昨日の高値は1.68195に来ており、年間の高値に少し足りませんでした。ダブルトップは特に年間の高値では、常に注目を集め、この主要エリアの上へのブレイクの失敗で下落側への戻りが始まりました。良いトライでしたが、惜しくもうまくいきませんでした。

 2014-04-11 22-38-22

下記の5分足チャートを見ると、再度、価格が1.6745レベルを下抜けると(日足チャート上の黄色いエリアへのもどり)、これが下げのモーメンタムを固めます。(下記チャートを参照)今日の下げの38.2-50%リトレースメントは1.6744-524レベルに来ており、これは今日レジスタンスになっています。そのエリアでの1.6745レベルで、これは今日、売り手にとってこのエリアの重要性を高めるはずです。売り手は、今日の調整の根拠とするこのエリアのテクニカルな重要性を利用するだろうと思います。

今日の売りの継続でのターゲットは次に、1.6685での先週の金曜日からの上昇の50%(上記1時間足チャートを参照)をターゲットにします。1.6669での200時間移動平均(緑線)と1.66534での61.8%です。こうしたレベルに向けて押すには、38.2%以下へのブレイクがまず、必要とされます。今すぐ、そのレベルは確かなものになっています。

 2014-04-11 22-40-32

 

About the Author

Leave a Reply

*