FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

GBPUSDは100時間移動平均で戻され、トップ側のレジスタンスに突入

2014-04-02 11-46-07 

ドイツ銀行は、イングランド銀行が2015年中頃まで抑制的な政策を行うとの期待で進んできました。これはやや強気な見解です。昨日の早い時間帯に英国PMIデータが予想よりも低い55.3であると発表されました。(予想は56.7であり、前回は56.2)この弱いデータでGBPUSDはトレンドラインサポートの下抜けとなりました。しかし、弱いデータあったものの、PMIは堅調な製造業の拡大を示していることに注目してください。(50以上の数値は製造業でのポジティブな成長です)予想よりも弱かったものの、それはそれほど悪いとは言えません。

テクニカルな観点から見ると、データでの下落は100時間移動平均(上記チャートの青線)及び1.66249での3月の下落の中間点付近でサポートされました。この主要サポートからの反転上昇は押し目買いの買い手にとっては励みとなりますが、多くの買い手が入り、自信を深めるには1.66391-1.66458を上抜ける動きが必要です。このエリアは日足のトレーディングレンジの38.2-50%を表します。(下記5分足チャート参照)このレベルの上での動きは1時間足チャート上でのブレイクされたトレンドラインの上に価格を押し戻すでしょう。このレベルは1.6642レベルに来ていました。(1時間足チャート参照)100時間移動平均の反発が昨日の安値となるには、何らかの作業が必要です。

このアクションの結果、GBPUSDはサポートの維持が良いが、高値修正は限定的(それほど良いことではない)という状況にあります。トレーダーはトレーディングレンジを確定し、次の方向のヒントを教えてくれるポイントのブレイクを探すために前記のレベルを利用することができます。100時間移動平均と50%リトレースメントを維持しているため、全体のバイアスは押し目買いに寝返っていたかもしれません。しかし、こうしたサポートレベルが最後にブレイクされれば、トレーダーが一旦立ち止まるのに十分なネガティブな材料(5分足チャートでの1時間足トレンドラインの下で調整の38.2%維持)があります。その結果、トレーダーはブレイクレベルでストップを置き、リスクを確定し、限定するだろうと思われます。

2014-04-02 11-48-30
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*