FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは再び、デジャヴ

2014-03-28 21-47-35 

昨日のこの時間に、USDJPYは今日の高値圏で取引されており、トレンドラインレジスタンスの上に拡大しようとしていました。(さて、それは1時間後でしたがお分かりいただると思います。)新規失業保険申請件数の改善で、このペアはトレンドラインを上抜けましたが、買いは減速しました。そして、売り手が入り(買い手を失望させたはずです)、そのプロセスで100時間移動平均(上記チャートの青線)を下抜け、価格は下側に反転しました。

USDJPYの価格は100時間移動平均の下に留まり、3月21日の安値の下に拡大しようとし、101.939レベル(50%リトレースメントレベル)を脅かそうとしましたが、単にそうはなりませんでした。

価格は今日、アジアセッションでは真のトレンドとはならず、定まらない動きでしたが、直近の数時間で、上昇に転じ、今、強気派が上昇を待っています。そうでなければ、失敗で下落です。1時間足チャートの古いトレンドラインは102.30に来ています(1時間足上の元のチャンネルラインを維持)市場はこのラインの上に留まることができれば、買い手は主導権を握った状態となり、価格が昨日(102.33)、水曜日(102.46)、火曜日(102.48)そして月曜日(102.638 – ところで、それぞれが連続して高くなっている)から連続して高値に向けて上昇拡大を始めるのを目にするはずです。

価格がそのラインを下抜けすれば、102.22での100時間移動平均(1時間足チャート上の青線)に向けて反転してもどるはずです。
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*