FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

イングランド銀行マカファーティ委員は、政策金利を維持すると述べる

さらに加えて:

  • 結果としての瀬作金利の上昇は段階的となる。
  • CPIが2%近くに留まる。
  • デフレリスクは最小限である。

GBPUSDはこのコメントで数ピップス上昇しています。このペアは100バー移動平均の上に留まっています。

2014-02-19 10-54-34

GBPUSDは上下に動くトレードでサポートを見つけ、1.6744以下に留まっている。

2014-02-19 10-57-19

GBPUSDは予想よりも弱いCPIで売られましたが、100時間移動平均(上記チャートの青線)付近でサポートの買いが入りました。価格は弱い米国のデータ(NAHB, TIC及びエンパイア製造業)でリバウンドし、昨日の高値戻りを目指していました。

GBPUSDの価格は1,67445で2011年高値に達しました。このレベルは1,68215での高値に進む途中でブレイクされました。しかし、その動きは失敗し、価格はニューヨークセッションのトレーディングでこの主要ターゲット以下に戻りました。アジアセッションでの高値は100時間移動平均のサポートエリアまで売られる前に1.6744の手前の1.67403に達しました。言うまでもなく、100時間移動平均(上記チャートの青線)が、上側の重要なレベルが1.67445レベルであるのと同様にサポートになっています。

 2014-02-19 10-58-43

価格は1.6700で一昨日の終値の上下に動いており、1.6744~44ピップス、そして100時間移動平均から21ピップスでした。ある点では勝者もあるでしょうが、弱い米国のデータと英国のインフレが弱くなり、トレーダーは明確なバイアスに確信を持てません。英国では失業率と直近のイングランド銀行の会合の議事録がリリース予定です。金曜日には1月の小売売上がリリースされます。先月、覚えていればですが、小売売上は予想が0.3%の増加でしたが2.6%増となりました。予想は今月1.0%減です。崩れる恐れがあり、天候(英国の天候はかなり悲惨なもの)が関係した下げが圧力を与える恐れがあるのでしょうか。1.6744以下に留まり、100時間移動平均を下回れば、弱気派がテクニカル的に勝者となりえます。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*