FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは引き続き、安全性への退避の圧力を受けている

2014-03-15 12-26-53 

USDJPYは、株式市場がリバウンドし、国債のイールドが底を打ち、テクニカル的に安値価格は101.19での今月安値を維持し、反転上昇となり、価格は上記5分足チャートのブレイクしたトレンドラインの上に戻りました。修正上昇で価格は5分足チャートの100バー移動平均と日足のトレーディングレンジの50%の上に抜けましたが、そのブレイクは失敗しました。(上記チャートを参照)価格は今、下げ101.30エリア、そして101.19レベルの昨日と今月の安値をテストしていました。

トレーダーは市場のセンチメントに対するヒントにこのレベルを警戒しています。

USDJPYのトレーダーは株式市場を懸念しているということを理解してください。そして懸念することとして、ウクライナとロシアの反応があります。それに週末要因も懸念しており、ジェット機の失踪事件も懸念です。これが追加のワイルドカードです。何らかの形で墜落せず、巧みなテロ組織にハイジャックされたとしたら、その状況の暗示することは何であろうかということもあります。

乗客とその家族に対してお祈り申し上げます。彼らが生存していればと思います。それが複雑なハイジャックやテロの策略であれば、今まで小説の話として出てくるかもしれず、200人以上の人質とレーダーの葉に内で飛行していた可能性があり、状況に対してダメージを与える可能性と国際関係については道であり大きい意味合いがあると思われます。ミサイルなどで撃ち落されたということではないのでしょう。発生したことがどう発生したのかも分からないのに再現できるかもしれないということが問題です。

これが国債のイールドを下げています。安全性への退避は避けがたい道です。USDJPYは一般的にその方程式の一部です。

多くの事が不明確で、USDJPYもそのストーリーの一部です。リスクが高くなっています。

ヘッドラインは全て出ています…USDJPYに対しては何のためか
2014-03-15 12-30-47

USDJPYは下げており、ウクライナ情勢でのセンチメントの変化で上下に振られていました。最初にロシアのラブロフがロシアはクリミアへの介入を目指していないと述べていました。また、彼は米国とロシアは「共通の見解」を持っていないとも述べていました。軍事介入はあり得ないという認識は、市場がこのことを注目していることで(金、国債などのような他のリスクに基づくトレードの動きに合わせて)USDJPYを押し上げていました。

この動きのちょうど前に、価格は101.199レベルの昨日の安値と191.192での今月の安値をテストしていました。トリプルボトムを作りました。(昨日、2つのテストを重要視するのであれば)上昇の動きで日足のレンジの50%レンジへ動きました。これは、価格が上昇するのであれば、突破する必要があるレベルでした。高値はこのレベルに達せず、そのレベルの下でおとなしくしていました。101.19の上に留まっていますが、101.52の下です。

ヨーロッパのトレーダーは昨日去ってしまい、流動性がなくなっていましたが、流動性の状況は午後のトレーディングに入って存在していました。明確なのは、リスクは高いままで、撤退していないトレーダーには昨日の終わりまでに打撃を与える手段があったかもしれません。確定されたこのレベルを警戒時、トレーダーが101.53と101.19での端の価格を利用し、ブレイクでストップを追国ことで驚かないでください。

一般的には、市場が懸念し、恐怖感が高まり、状況が広まります。問題は解決されはずで、そうなることが多いです。トレーダーにはリスクがあり、対立が高まれば、ロシアと米国(あるいはEU)にもリスクがあります。それが制裁か、他の軍事的な意味合いの事となるのか。もちろん、問題が解決されるのであれば、疑問は「いつ」ということで、この「いつ」がもちろん、不確実であるということです。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*