FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

ニュージーランド準備銀行は予想通り、政策金利を2.5%から2.7%に上げる。

NZDUSDの当初の動きは、トレーダーは0.8415-32レベルを警戒しており、下側のサポートに向かっています。

  • 2年間に2%の利上げとなった。
  • 現在の為替レートは長期的には維持できない。
  • インフレ圧力が増している。
  • 景気拡大にはかなりのモーメンタムがある。
  • 2014年第2四半期の中頃にインフレは2%に達すると予想。
  • 輸出価格は高い。
  • 消費者と企業の信頼感はとても高い。
  • 雇用と投資の意識が高まっている。

グレーム・ウィーラー・ニュージーランド準備銀鉱総裁の記者会見コメント:

  • インフレを抑えるために利上げが必要
  • 住宅市場における減速の兆候
  • インフレ圧力は高まり始まっている。
  • 利上げのペーストとその幅はデータによる。
  • 貿易収支のため、為替レートは高い。
  • 為替圧力はRBNZの懸念である。
  • 利上げに為替レートが反応すると予想していない。
  • 今年は125BPの利上げ予想(3.75%まで)
  • インフレを抑えるべく早めに動く意向がある。
  • 賃金の圧力が高まり、インフレを煽る。
  • 中国への輸出依存度は高い。
  • 住宅ローン変動金利は直ちに調整(25BPの利上げ)
  • 為替介入の機会は限定的

ニュージーランド準備銀行は今日、最初の利上げ国となる。予想内容。

 2014-03-13 12-02-29

上記チャートは、ニュージーランドの主要経済の統計におけるトレンドを示しています。失業率は下がり、GDPは来週第4四半期のデータが出る予定ですが、第3四半期に回復となり、CPI前年比は改善し始まりました。PMIはほぼ高いレベルにあり、消費者信頼感も高くなっており、貿易収支と小売売上は未だに成長しており、中国への輸出は食品と乳製品関連で、オーストラリアのような原材料輸出ではないため、中国の減速による否定的な影響を受けません。最後に、住宅販売は引き続き増加し、インフレ圧力になっています。変化が始まる時です。

ウィーラー総裁は、中央銀行がまもなく利上げすると示しており、一般的に同意さ荒れている経済学者の期待から判断して、利上げが確実であると予想されており、その利上げ幅は0.25%で2.5%から2.75%になると予想されていました。

このニュースでトレーダーはどのようにトレードすると思われていたのでしょうか。

変化が期待されています。疑問は全てが織り込まれているのか。そして、NZDUSDは引き続き上昇するのかというものでした。

変化が今年末までに3.5%というのが大方の予想であったので、NZDUSDは米国経済の強さが引き締め強化となるまで、買われるはずと思われていたかもしれません。しかし、外国為替では何も保証されたことはありません。

しかし、ヒントを求めてフォローすることができるのは価格です。テクニカルなツールを価格に適用することにより、トレーディングのバイアスをフォローすることができます。ファンダメンタルな見通しは予想通りの動きとならない場合のリスクも確定することができます。

 2014-03-13 12-10-14

下記の日足チャートを見ると、価格は選手のトレーディングで0.8521での新高値で取引されていました。これは利上げ発表後の強気の動きでのこのペアに対する次のターゲットです。価格が次のレベルに行くのであれば、トレーダーはこのレベルの上で価格が動き、その上に留まるのを見る必要があります。

「次のレベル」は2013年10月からの高値である0.8542に来ています。他のターゲットには0.8584及び0.8674を含む、2013年の他の高値も含まれます。(上記チャートを参照)ターゲットの上でのトレードを行い、次のターゲットに期待です。

下落側では、先週の価格直近の6か月間の天井のエリアを作る高値の上で動いていました。(強気の動き)私が0.8415から0.8435に印を付けたエリアです。直近の6か月に4回、高値を付けました。そこでは市場はそのレベル使い、根拠として反転して下げました。2013年9月に、高値ブレイクがありましたが、上昇は失敗しました。価格は引き締め期待感でこの天井の上に動き、少なくともその引き締めを織り込みました。今日の状況を見ると、安値は0.8437に来ており、このレンジのちょうど上側です。買い手が主導権を握っています。

ニュースの後にNZDUSDの価格が0.8435以下に下落すれば、次のターゲットは0.8415です。それぞれの下に留まれば、弱気派が主導権を握ります。強気のニュースが出ても、さらに売りに要注意です。価格がこれらのレベルの下に下落し、そして上に戻るのであれば、賭けはゲラ楽側です。市場の価格がリバウンドし、強気の市場が再開することに要注意です。(すなわち、時間をかけて上側のターゲットに向けての動き)これは昨日からこれからも主要なエリアとなります。

下記の1時間足チャートを見ると、200時間移動平均(チャート内の緑線)は0,8432に来ていました。これは日足チャートからの0.8435レベルと共にそのエリアの重要性を増します。

2月19日からの上昇の38.2%(下記チャート参照)は0.84147です。日足チャートからの0.8415と共にこれも重要性を増すレベルです。

結果として、これらの主要レベルのブレイク時にトレーダーは0.83817での50%に向かい、0.83486での61.8%に向かいます。これは3月の安値付近です。

ウィーラー総裁とニュージーランド準備銀行の述べていること、レートの変更を暗示していることはイベント後に価格に影響を与えます。しかし、トレーダーは、価格が下がるのであれば、ニュージーランド準備銀行が景気の減速に言及し、投機家に警告のシグナルを単に送らなければ、押し目買いとなることを期待です。価格が下がるのでされば、上記のレベルを活用し、押し目買いのレベルを確定してください。

上側ではターゲットがブレイクされた時に、トレーダーは押し目でのサポートのこのレベルを利用します。

計画を練ってください。価格の動きに耳を澄ませ、こうした価格に適用されるツールを考えて計画的にトレードしてください。ファンダメンタル情報がストーリーを教えてくれますが、重要なことは価格の動きです。自分のトレーディングで稼いでください。

2014-03-13 12-14-38
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*