FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

GBPUSDは下落のバイアスを維持しているが、日中は調整

2014-03-12 12-36-38 

一昨日、GBPUSDは急落しました。日足チャートを見ると価格はトレンドラインサポートと2月27日からの最安値レベルに下落しました。価格は2014年の安値から2014年の高値への上昇の38.2%リトレースメント以下に下げを拡大しました。そのレベルは1.6603に来ています。昨日の安値は1.65956に達しました。

日足の価格は2月12日に遡る安値の終値以下でもあります。(ほぼ1ケ月前)その安値の終値は1.6636に来ており、2月21日に達しました。このレベル以下に留まるかが、弱気または強気のヒントとして注目されます。

5分足チャートを見ると、価格は下げていましたが、上下に振れていました。日足のレンジの38.2-50%は1.6617-239に来ており、50%と100バー移動平均はテストされています。レンジはわずか57ピップスです。(直近の22日の平均は97ピップスです。)50%/100バー移動平均の下に留まれば、弱気派が満足します。その上に動けば、1.6635レベル(安値終値レベル)に向けて要注意です。

2014-03-12 12-38-50

GBPUSD1.6636レベルの上に戻っています。
2014-03-12 12-42-06

直近の数か月にわたる終値のレベルを見ると、1月の高値の終値は1.6636に来ています。2月に、価格はこの終値レベルの上に拡大し、2月21日に1.6636レベルでの安値の終値でした。昨日、価格は2日間続けてそのレベルの下に下落しましたが、一昨日、価格はその下に終値を付けることができませんでした。昨日は売り手の利益に変化が出てくることが期待されていました。

それは少なくとも、昨日そうなりませんでした。直近の数分間で、価格はそのレベルに戻り、その上に動きました。その時点及びその日の終値の間での方向性のヒントについてはこのレベルに要注意です。それは未だに有効ですが、直近の高値ブレイクで買い手が主導権を握ります。

2014-03-12 12-43-35
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*