FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSDは狭いトレーディングレンジ内にある

 2014-03-11 12-27-44

EURUSDは28ピップスのトレーディングレンジでニューヨークセッションに入りました。ニューヨークのトレーダーはロンドンセッションのトレーダーが去っていく前に、35ピップスにレンジを拡大しました。直近の22日間のトレーディングの平均レンジは77ピップスです。昨日のセッション終了まで4時間を残し、市場は日足レンジの中間点にあります。そのレベルは1.38788に来ています。

市場は木曜日に遡る1.3851-54エリア及び予想以上に強かった米国の雇用レポートの後の安値の上に留まっています。このエリアの上にある基本となる買い手は、このペアの上昇バイアスを維持しています。

 2014-03-11 12-29-10

EURUSDが買われ過ぎであり、下げるべきという一般的な気持ちがあるようです。以下の1時間足チャートを見ると、RSIは失業率レポートの前に70レベルの上にありました。価格は下げm1時間以内に雇用レポートの後に最低レベルで取引されていました。もちろん、価格が下落し、RSIも下げました。しかし、価格はサポートしており、安値から反発しています。RSIは50レベルで安定しており、ショート派は満足していません。

そのダイナミックさは変化するかもしれません。価格は結果として下がるかもしれませんが、今の所、協調的でなく、売り手が神経質になっています。1.3780レベルの上での動き(5分足チャート上100及び200バー移動平均及び50%レベル)は、終値を付けるまでにショート派にショートカバーさせようと恐怖感を与えるはずです。一般的な気持ちとしては下がり、市場の価格が協調しないときに、トレーダーの忍耐はすぐに決済に向かって消えていきます。1.3880エリアに要注意です。
2014-03-11 12-31-44

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*