FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

外国為替はボラティリティが高い状況。日々のトレーティングレンジを見るとそうでもない。

2014-03-11 11-55-20 

それは、「今年のニューヨークの冬は特に厳しいわけではない」ということのようだということは分かっていますが、2014年全般に見て、外国為替のボラティリティは低い状況です。

上記の上のグラフは、主要通貨(青色の棒グラフ)の昨日のレンジ及び現在の22日のトレーディングレンジ(ほぼ1か月間のトレーディング-赤色の棒グラフ)を示しています。GBP通貨ペアを例外とし、昨日のレンジ(青)は平均(赤)よりも低いものです。これは最近のトレンドであり、時間と共にトレーディングレンジが一定して下がることに至っています。

上記チャート下のラインは、主要通貨の22日の平均レンジでのこうしたトレンドを示しています。この数か月間にこうしたトレンドは下がっています。

主要ポイント:

  • EURUSDは高い22日の平均レンジが92ピップスでした。それは現在77ピップスです(71ピップスほどでした。)。
  • GBPUSDの高い平均レンジは113ピップスでしたが、現在95ピップスに下がっています。今日の平均レンジの119ピップスは歓迎の安堵感となっています。
  • USDJPYは105から75までの平均レンジの動きでした。
  • その他の通貨ペアにおけるトレンドは全てがした側に向かっています。

最近の下落の想定される理由:

  1. 規制強化。  ドッド・フランクのような規制強化でリスクを取ることの減少し、流動性を下げました。これは通貨ペアを動かし、トレンドを作るために必要とされるパワーを奪ってしまいました。さらにビットコインの規制はどこにあるのでしょうか。
  2. 通貨中値決めのスキャンダル。  通貨の中値決めのスキャンダルの結果として職を失った主要銀行の多くのトレーダーがいます。トレーダーは一晩で置き換えるわけにはいきません。未だに担当しているトレーダーは経験が少なく、より保守的で、慎重であり、彼らの上司もそうです。
  3. 不確実性。  天候が米国では大きな話題となり、この厳しい天候の影響が4月と5月まで及ぶかもしれず、雪解けと共に対処することになるかもしれません。消費は戻ってくるのでしょうか。雇用は抑えられ、戻るのでしょうか。まだ、はっきりとは分かりません。
  4. 株式市場の上昇。  株式市場は好調ですが、なぜ、通貨は混乱しているのだろうか。
  5. 不信感。   トレーダーが場の動きに不信感があるとき、短期のトレーディングで取引します。価格が下がる時、トレンドに乗り、ポジションを追加する代わりに、トレーダーは決済し、買い戻します。
  6. 透明性があり過ぎ。  中央銀行の役人が語っていない日は滅多にありません。Fedの担当官は、緩和縮小は継続することになっている、あるいはECBはあらゆる政策手段を取っている、あるいは、政策金利は長期間にわたり、低いままとするなど、何度語ったでしょうか。時折、ボラティリティが無いため、市場は透明性が曲がり角にあるという驚きがあると信じ始めています。直近のことは、「ECBがまもなく緩和する。」というものです。その通りです。至る所で「インフレ期待がしっかりと支えられています。0.7%以下のインフレは説明されます。12.0%の失業率は12.1%には上昇しておらず、雇用は安定しています。
  7. 透明性のある限界点?….冗談でしょう。  透明性のある限界点は、イングランド銀行により導入されています。Fed及びその他はトレーダーに政策の変更に対するブレイクのポイントを与えるとしています。そして面白いことが限界点への方向で起こりました。中央銀行は及び腰となっています。そのため、6.5%の失業率の限界点は何か別物です。それが何なのでしょう。中央銀行は限界点せっての前の状態にもどります。
  8. 市場のサプライズでさえ機能しません。  直近の大きなサプライズはおそらく11月7日のECBのサプライズの利下げでした。確かにそれはEURUSDの下げにつながりました。サプライズの利下げ以来のEURUSDの最安値はいつ達成したのでしょうか。11月7日です。事態を悪化させることに、11月8日の米国の非農業従事者の雇用リリースは12万人と予想されていましたが、前月の+6万人となる代わりに20.4万人となりました。EURUSDは1.3300から1.3900まで上昇しました。

理由が何であれ、レンジは下がっています。期待することは、極めて厳しい冬のようにいずれ雪解けがあり、トレーディングレンジが戻ってくるということです。おそらく、恐れたトレーダーがランダムウォークで進むべき道を誘うとするのではなく、トレンドの勝者とアンチドレンドの歯医者が出てくるトレンドが出てくることです。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*