FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYはチャンネル内に下げて戻る

2014-03-09 21-45-45 

USDJPYは103.43でトレーディングの最後の数分でブレイクしたチャンネルに戻り下落となりました。これはNFPレポートの後の強気のモーメンタムに打撃を与えました。しかし、価格は103.29レベルでの日足のレンジの中間点の上に留まっていました。価格がこのレベルの上に留まる限り、買い手はそこに留まるはずです。しかし、その上に戻ることを期待し、103.43レベルの上に留まることを期待しています。

103.29レベルでのブレイクでは、ブレイクの落胆がトレーダーの重しとなる、週末に入り、流動性が高まるはずです。

2014-03-09 21-47-07

一方、EURUSDはサポートをテスト、調整し、サポートまで戻り下落。戦いが進行中。

2014-03-09 21-48-23

EURUSDは予想よりも好調であった雇用レポートを背景に下落しました。価格は昨日の安値及びニューヨークセッションのトレーディングでの1.3854からの安値に下げました。(1.3852での安値)このレベルは下げ方向にブレイクする必要があります。価格は反転し、下げの38.2%-50%の間の調整ゾーンに動きました。そのレベル維持で売り手が主導権を握り続けました。金曜日は、トレーダーがレジスタンスとしてこのレベルに注目しした。その上に動けば、トレーダーはその上に飛び上り、ショートカバーとなるはずです。

下げのブレイクでは、トレーダーは1.3828-33で、週足チャートでの主要サポートをターゲットに目指していました。このエリアは、2008年と2011年高値を結ぶトレンドラインは来ており、2011年の高値から2012年安値への下落の61.8%の上に動く場所にあります。(下記チャート参照)

売り手がまずやる最初のことは、1.3854レベルの下に到達し、留まることです。最初は失敗したようです。調整でレジスタンス維持でしたので、戦いが進行中です。誰が勝つのでしょうか。

2014-03-09 21-50-29

 ——————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*