FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは引き続き上昇しましたが、ニューヨークセッションで日中サポートに向けて押しました。

2014-03-07 16-45-06 

USDJPYはアジアセッションで国債市場から日本の株式へのローテーションの話題を受けて上昇継続となりました。ニューヨークセッションの後半、新規失業保険申請件数の改善とECBドラギ総裁のタカ派発言でEURJPYが上昇したことから、さらに値を上げました。その動きはロシア軍がクリミアに入った後の月曜日に底打ちした今週、上昇トレンド継続となりました。緊張があるものの、プーチンの派兵命令でUSDJPYが上昇再開となり、トレンドは安定しています。

1時間足チャートを見ると、価格は100時間移動平均(青線)をテストし、減速しました。価格は水曜日の午後に100時間移動平均、そしてトレンドラインレジスタンス、200時間移動平均(緑線)の上に動き、木曜日はアジアセッションに入り、その移動平均の上に留まっていました。価格はその上昇トレンドを継続し、事実、103.00エリアでのトップ側のトレンドラインの上を越えました。以下の日足チャートを見ると、年足高値から安値への下落の50%は103.09でブレイクされ、日足チャートでのトップ側のトレンドラインは103.19でテストされました。(高値は103.153に達しました)

上昇は減速し、反転下落を目にすることになりました。調整は価格を1時間足チャートでのチャンネルに戻しました。利益確定するトレーダーはトップ側のトレンドラインをレジスタンスとして利用し、ポジションを決済しました。上側の圧力が出てきました。

 2014-03-07 16-46-40

5分足チャートを見ると、価格の修正はスローであり、整然としています。下落の動きは直近の上昇トレンドラインの足の38.2-50%をテストしていました。このトレンドが強ければ、この価格の近辺でサポートの買い手が出てくるはずです。100バー移動平均はこのエリアにあります。上からの売りはブレイクされた102.80-88を期待しています。買い手はこのエリアで買い手が勢力を保ってほしいと期待しています。102.88は50%でありますが、102.814は最初の上昇の足からの高値でした。このエリアの上に留まれば、強気派が主導権を握ります。その下に動けば、他の買い手は週末に向けて失業率レポートが出るため、利益確定を目指すかもしれません。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*