FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDCADは100及び200時間移動平均の上で動き、その上に留まっている…

2014-03-05 11-16-54 

USDCADはロンドンセッションのほとんどの時間、市場を特徴づけていた下落のバイアスを維持することができませんでした。ロンドンでの4:00PMでの中値が近づくと、価格jは上記5分足チャート上の100及び200バー移動平均(青線と緑線)、そして38.2%から50%の上に動きました。買い手が大量に入って来て、価格は1.1081から1.1109にすぐに上昇しました。そのプロセスで、200及び100時間移動平均(以下のチャートの緑線と青線)の上にも動き、この移動平均は1.10983 -1.11015でサポートになっています。(上記チャートを参照)

価格はもう1つのトレンドラインがある次のターゲットの1.1134レベルの上にブレイクし、1時間足チャートでトップ側のトレンドラインをテストしています。

2014-03-05 11-19-15

カナダ銀行の金利決定を明日10:00米国東部時間に控えている。据え置きの予想。

前回の会合では、BOCの声明の主要内容は以下のとおりでした:

インフレについて:

  • カナダのインフレは経済における際立った過剰な緩和状況と小売りセクターの競合状態の高まりを受け、2%ターゲットにははるかに及ばないレベルで動いている。
  • インフレの道は今低いと予想されている。
  • 小売りセクターの競合が解消し、過剰な在庫が吸収される2年程度で2%のインフレターゲットに戻ると予測している。
  • インフレの下落傾向のリスクは重要性を増している。

GDP成長について:

  • 成長は2013年前半に改善した。
  • しかし、輸出及び企業投資への予想されるリバランスの兆候がほとんどない
  • 最近のデータは住宅市場及び一般消費者の収入に対する負債の安定化においてソフトランディングを期待できる内容を示している。
  • Real GDP growth is projected to pick up from 1.8 per cent in 2013 to 2.5 per cent in both 2014 and 2015 実質GDP成長は2013年の1.8%から2014年と2015年にかけて2.5%に増加すると見込まれている。
  • 景気は今後2年間かけて徐々に生産性取り戻す。
  • 一般消費者世帯の不均衡に伴うリスクは実質的に変化していない。

世界経済の成長について:

  • 世界経済の成長は、2013年の2.9%の予想から2014年に3.4%、そして2015年井3.7%と予測され、今後2年間に強まっていくと予想される。
  • 米国がこの加速を牽引し、財政上の障害が少なることに促進され、協調的な財務制作とより強い一般世帯の収支に支えられる。
  • 米国の見通しは世界の国債、株式及び通貨市場に影響を与える。
  • グローバルな貿易の成長が2011年以来落ち込んだが、世界経済の需要の高まりを受けて回復基調となっている。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*