FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

ECBのヌイ氏はロシアへのリスクはとても妥当なものであると述べる。EURUSDのトレーダーは安値とリトレースメントレベル付近にある。

さらに加えて:

  • ウクライナへのEUの銀行のリスクについて懸念していない。
  • EUの銀行はおそらく市場が認識するよりも強い。

EURUSDは下げて始まり、直近の数週間の安値から金曜日の高値(今年及び2013年12月27日以来の最高値でもあります。)への上昇の38.2%リトレースメントでトレーディングの最初の時間帯にサポートの買い手が出てきました。そのレベルは1.37545レベルに来ており、今日の安値は1.37543に達しました。これは、弱気派が下落の圧力をかけるのであれば、EURUSDの下げの次のターゲットです。

下落での次の主要ターゲットは1.3730-33エリアに来ています。同じ上昇の50%と100及び200時間移動平均(以下のチャートの青線と緑線)は現在、収束しています。このレベルに警戒してください。

 2014-03-03 22-33-57

今日のショート派のリスクは:

  • 近いレジスタンスについては、金曜日での急な上昇の前の2月の高値だった1,3772レベルを警戒してください。これは、金曜日の予想よりも良かったCPIの後にEURUSDの急騰後の安値でもありました。
  • 金曜日の高値から今日の安値への下落の38.2%から50%は1.37809から1.37891です。高値修正の価格は50%の上に動きましたが、200バー移動平均に対してうまく維持していました。売り手が主導権を握るのであれば、売り手が出てくるこのリトレースメントエリアが要注意です。

 2014-03-03 22-36-49

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*