FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSDは今年の高値を付ける。強気のバイアスのままとなるのか。1.3771のサポートに要注意。

 2014-02-28 22-25-01

EUのCPIの速報値が0.8%(予想は0.7%)までの驚きの上昇となり、1.0%(予想0.8%)に上昇したコアインフレはEURUSDを急騰させました。価格は低い流動性だった12月末にブレイクした以前のトップ側のトレンドラインの上に動きましたが、それをターゲットのレベルとしてチャートに記しておきました。(上記チャートを参照)そのレベルは1.3780に来ています。今日までの今年の高値は1.37723です。これはサポートとして注目されます。事実、データが出た後に1分間の上昇の後安値が観れば、価格は1.37716に来ています。1.37716から1.3780へのこのエリアは今日、主要サポート/リスク確定のレベルです

2014-02-28 22-28-49

ところで、トップ側では2008年の高値を結ぶトレンドライン、2011年の高値は1.3835に来ています。2011年の高値からの下落の動きの61.8%は1.3832に来ています。2011年の高値からのトレンドラインは1.3824に来ています。そのため、1.3771-80にサポートがあり、1.3824-35でのターゲットレジスタンスがあります。1,3799での現在の価格はこうしたリスク確定レベルの中間付近にあります。

買い手が運転席にいます。GDPが利益確定に至ることになれば、ヒントに1.3771-80レベルに要注意です。

——————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*