FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは上下に動き、EURJPYは急落

2014-02-27 8-53-35 

USDJPYはニューヨークセッションの早い時間帯に下落し、102.213レベルでの200時間移動平均以下に下落しました。その下落のブレイクは、米国の新規住宅販売がサプライズの増加となり、反転しました。売り手は反転し、200時間移動平均の上に戻り、昨日の高値、ブレイクされた38.2%、トレンドラインレジスタンス及び102.38-44での100時間移動平均をテストしていました。

昨日のレンジは31ピップスでした。比較すると、直近の22日間のトレーディングの平均レンジは87ピップスです。ブレイクで動く余地がありますが、そのブレイクが必要です。

その間、EURUSDの下落とUSDJPYでの比較的静かな状態は、EURJPYの急落を後押ししました。当初のブレイクと維持は100時間移動平均(下記チャートの青線)を抜けていました。それは200時間移動平均(緑線)と一昨日からの安値の下への下落に至りました。米国のデータが価格を上に戻す前に、トレンドは素早く1.39.63で底を打ちました。

この先は139.95から140.053まででのレジスタンスに要注意です。これは2月18日に遡る高値と安値に相当しています。(下記1時間足チャートを参照)

2014-02-27 8-56-44

USDJPYは上にブレイク

2014-02-27 8-59-42

USDJPYは102.37-404でのレジスタンスの上に抜け、急騰しました。ストップをヒットしました。狭いトレーディングレンジであったため、トレーダーが動く余地があり、仕掛けて、走りました。
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*