FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSDはトレンドラインターゲットに向けて下落…売りは続くのか?

2014-02-26 22-32-14 

EURUSDは早めに100及び200時間移動平均(上記チャートの青線と緑線)の下に押しました。価格は直近の4日間のトレーディングで安値からのトレンドラインをテストに動き、ブレイクのポイントに戻って反転しました。このペアのレンジは未だに狭い39ピップスです。それは新しい事ではありません。このペアの22日のトレーディングの日の平均レンジは市場が減速するに従い、狭まってきました。流動性は下がり続けています。トレーダーは上下のレンジに慣れてきました。ある時点で次の動きへの触媒が出てくるはずでが、トレーダーはそれを探し求めているものの、見つけることができません。

今日のトレンドラインのブレイクは単に、先週の金曜日からの安値の1.3685で直近の5日間にわたり、安値をターゲットにします。

さらに下落するのをめざすトレーダーにとって、上側の反転のリスクは1.3732-367に来ています。これは今日の下落の38.2%-50%です。それ以下に留まれば、売り手が強さを示します。その上に戻れば、市場は単にエアポケットをヒットし、サポートを見つけ、そして、反対方向に反発します。それは少なくとも遅く出てきたパターンでした。

2014-02-26 22-36-22
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*