FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

英国の小売売上は明日花火となる可能性がある。これがその理由…

2014-02-21 14-27-38 

4:30AM米国東部時間(6:30PM日本時間)に、英国は1月の小売売上高がリリースされます。市場はGBPUSDのトレンドの動きがあるため、おそらく良い数字に期待が集まっています。そう考える私の理由を説明しましょう。

先月(上記過去のチャート参照)、小売売上高は+2.6%の増加でサプライズとなりました。これはヘッドラインの数字に対して+0.3%の増加及び自動車の数字を除く+0.3%(自動車を除く数字は+2.8%でした。)も求める予想よりもずっと強いものでした。当然ですが、前月は0.3%と0.4%からそれぞれ、0.1%と0.2%に下方修正されていました。しかし、修正は確かに発表された過大とも言える増加の説明にはなっていません。

合わせたものを見ると、食料品店舗の売上と非食料品店舗の両方はそれぞれ過大な規模と言える+2.4%と2.9%を示していました。その数字はサプライズであったことは疑いなく、強かったことは疑いもありません。

2014-02-21 14-31-29

予想でGBPUSDが急騰しました。その日に価格が上昇に向けて150ピップス動きました。その次の4日間にわたち、さらに200ピップス上昇し、(下記チャート参照、1.6308の安値からの)1.6667で今月のピップを付けました。そのポイントから価格は1.68215での2月の新高値に動く前に1.6251まで下げました。

皮肉なことに、GBPUSDのその時の価格は、1月でのレポートリリース後に達した高値の数ピップス内にありました。(1月の1.6667高値 vs. 1.6654のその時点の価格)市場は次の数字を懸念しているようです。そしてそれでこのペアが上昇、またはここから下落するかどうかの判断が可能となります。後ほどさらにはっきりしてきます…

2014-02-21 14-34-38

先月の大きなサプライズがあり、前月比の不確定な変化となる明日のリリースが出てきます。消費者は12月に買い過ぎたのでしょうか。その結果、1月は蛇口を締めてしまうのでしょうか。あるいは住宅価格は上昇し、株式市場の利益、おそらく新たな雇用は消費を満足させ、クリスマスの消費者の行動、そして不安のない1月の消費者を正当化するのでしょうか。

今日は、予想は前月比の速報で-1.0%の減少となり、自動車を除く前月比の変化は-1.2%でした。そのため、予想は増加の部分的縮小となっています。

過去の観点では、これまでの小売売上高が過大な増加となったのを見た時(下記チャートを参照)、2.0%以上の前月比増であり、先月2.5%増となったわずか2つの事例があったのは1997年12月まで遡る総11の事例がありました。(下記チャートの緑線と赤線参照)過大の増加直後の今月の平均の減少は-0.7%から-3.2%のレンジで-1.77%でした。(黄色いバー)

今日の-1.0%の予想は、過去の観点からは少しすくなめです。消費者は12月の請求書を受け取り、消費者が悔やむこともあり、消費減に対するサプライズtpなる小売り支出の減少はあり得ます。(すなわち、-1.0%減以上に弱い)少なくとも、過去の数字はこの考えを裏付けしています。

2014-02-21 14-36-43

他の不確定要素は天候があります。1月の英国の天候はほぼ250年に2度あるかどうかと言う者でした。雨量は通常の3倍でした。同量ではなく、2倍でもなく、通常の3倍です。この雨は洪水となり、英国の多くの場所で全体の輸送問題を引き起こしました。

12月過大な支出を合わせると、高級ショッピング街への洪水は1月の外出や支出欲を削ぐ効果があったかもしれません。

どうすればいいのでしょうか。

私が尊重する1つのことは、経済モデリングの事となると、私よりも賢い予測を行う経済学者がいるということです。それは、彼らが正しいということを意味するだけでなく、リリースの詳細内容が判明した後に損得勘定を行う市場のベンチマークを設定するからです。

別の表現をすれば、市場が-2%の数字が確かであれば、GBPUSDの現在の価格はすでに下がっており、サプライズを弱めてしまいます。結局、先月GBPUSDの価格はサプライズの2.6%増の前に1.6340でした。2%がなくなれば、2か月増はわずか0.6%です。全てが同条件となれば、GBPUSDは1.6664レベル-全300ピップス高が妥当となるのでしょう。違うという議論の余地があります。

しかし、事実は価格がそのレベルにあるということです。市場の価格はうそをつきません。価格は誰もが知ることができ、予測される価格のあるべきレベルにあります。

もちろん、先月、市場を動かしたように、予想からのサプライズは市場を動かす可能性があります。

下記1時間足チャートを見ると、現在の価格は都合よく、100時間移動平均(下記チャートの青線)と200時間移動平均(下記チャートの緑線)の間にあります。これは市場が次の方向のバイアスについて不確かであるというもう1つのシグナルです。それは、長期の移動平均の上に留まっていますが、もう1つの長期の移動平均の下にあります。その真ん中は熱くもなく、寒くもない場所です。そういうことです。

レジスタンス以下で、サポートの上の価格で、トレーダーは単に数字を見て、反応するほかありません。サプライズであれば、移動平均の端の1つをブレイクすることに要注意であり、リスクを確定し、限定するためにそのレベルを利用してください。

言い換えると、弱い数字で200時間移動平均(1.6621)の下へ動けば、200時間移動平均を今後のレジスタンスとして維持するはずです。その価格がリスクを確定します。同じことは100時間移動平均(1.6699)の上での動きにも言えます。

方向が判明すれば、ターゲットでそのトレンドを確認し、動きの方向における新たなリスク確定のレベルを把握する手助けとなります。そのチャートを見ると、1.6621での200時間移動平均の下での動きは論理的には1.6603の戻りのレベル(2月の安値からの上昇の38.2%)を次のターゲットにします。その下ではその動きの50%は1.65365での次のターゲットとそのエリアにもある安値からのトレンドラインになります。それがブレイクされれば、1.6518エリア、そして1.6469が次のターゲットになります。それぞれのターゲットがブレイクされれば、トレーダーに以前のテクニカルなレベルへの下のストップを管理する機会を与えてくれます。ターゲットでトレンドを確認し、トレーダーは各段階でのリスクを管理することができます。

ところで、その時点でのレベルから、1.6469のターゲットへの動きは180ピップスの動きを暗示します。それが今日の見通しですが、それは可能です。(先月、価格は150ピップス動きましたが、最終的には350ピップス動きました。)

その数字がショックを与え、強いものであれば、100時間移動平均の上での動きは1.6718レベルでのトップ側のチャンネルトレンドライン、そして1.6743での火曜日の高値のテストを開始することになります。こ1.6743でのレベルは2011年まで遡る高値でもあります。(自分のチャートでご確認ください。ここに表示されていません。)そのため、そのレベルが強気に対して重要性を持ちます。その上に到達し、留まれば、1.68215での今年の高値(2009年に遡る高値)のテストを始めることになります。そのレベルに対する動きは現在のレベルから167ピップスの動きに等しいものです。その高値に関する動きは1.6876、そして1.7041をターゲットにするでしょう。(来週、その可能性が高い)

 2014-02-21 14-41-08

もちろん、数字が-0.1%となれば、市場は上か、下かについての困惑で市場のトレーダーは興奮した状態となるでしょう。こうなれば、様子見です。上に記した同じレベルを使ってください。それでもトレンドのある動きを期待しないことです。

花火打ち上げの可能性がある時は、その花火を期待し、プランを練ることがベストです。ショーが続かなければ、何も得ることはできず、何も失われません。しかし、ショーがあれば、次のトレンドの動きを開始に乗り、そこから利益を得てください。
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*