FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

日本の貿易収支の赤字が拡大すると予測される(6:50AM米国東部時間)

2014-02-20 10-41-52 

USDJPYは別の様相か….

 2014-02-20 10-52-08

ニューヨークセッションに入り、バイアスは100時間移動平均(上記チャートの青線)、200時間移動平均(上記チャートの緑線)、そして週足安値から週足高値(102.055)への上昇の50%以下の価格となり、ネガティブとなりました。(http://www.fxddjpblog.com/2014/02/19/35560/を参照)売り手は主導権を握り、下落トレンドを損なわないように価格を100時間移動平均と50%リトレースメントの下に維持していました。しかし、そうはなりませんでした。価格がこのエリアの上に動き、売り手は買い手に転じ、市場は信頼される状態ではありませんでした。

トレーダーは価格200時間移動平均(強気)、そして一昨日の高値(102.18)からの下落の38.2%の上に押し上げました。風向きは再び変わりました。

ファンダメンタルの触媒は株式市場のようです。ダウは市場が下げて始まった後に90ポイント上げ、ナスダックは変化のないレベルの下でしたが、ダウの-2.13%の下落、S&Pの-0.1%の下落に比較して年間2.13%の上昇で2014年進んできました。そのため、比較的減速する理由があったのかもしれません。

——————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*