FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

AUDUSD雇用レポートは今日リリース

今日のトレーディングでは、極東セッションでのハイライトとしてオーストラリアの雇用レポートが発表されました。(1月の失業率の結果:6.0%、予想5.9%、前回5.8%)

1月の雇用の変化は先月2.26万人減の後に1.5万人増となると予想されていました。失業率は5.8%から5.9%と上昇すると予測されていました。直近の数か月の雇用減では3.16万人が正規雇用であり、パートタイム労働者は9千人増えていました。

労働参加率は64.6%で一定となっていると予想されています。

以下のグラフでは、主要雇用統計のトレンドを示しています。全体のトレンドは良好とは程遠いものです。労働参加率が下がる一方で、失業率は上昇トレンドとなっています。2013年の雇用の変化は1996年以来最も低いレベルでした。年間の失業者の変化は2009年以来最も高いレベルでした。最高のトレンドではありません。

オーストラリアの雇用トレンド
失業率(%) – 予想5.9%
失業率は5.9%に上昇すると予測されていました。これは2009年以来最も高い状況です。

 2014-02-13 8-44-31

失業率

雇用の変化前月比。予想1.50万人
正規雇用/パートタイム雇用前月比予想無し

●トータルの雇用の変化  ○トータルの正規雇用の変化  ○トータルのパートタイムの変化

 2014-02-13 8-49-06

毎年の雇用の変化(1990年までさかのぼる)

2013年に、雇用のトータルの変化(5.46万人)は1996年以来最低の増加でした。さらに正規雇用は2013年6.74万人下がりました。これは1992年以来最悪の変化でした。
●トータルの雇用の変化
○トータルの正規雇用の変化
○トータルのパートタイム雇用の変化

 2014-02-13 8-49-52

1990年までさかのぼる)毎年の失業者の変化
失業者のトータルの変化は2013年、6.26万人増加しました。これは2009年以来最大の増加であり、1996年までさかのぼり、2番目の増加でした。

 2014-02-13 8-50-32

労働参加率、予想64.6%
労働参加率は先月、2006年4月以来、最低に下がりました。

 2014-02-13 8-51-14

オーストラリアの雇用トレンド | Create Infographics

テクニカルな観点では、AUDUSDの価格は2013年10月の高値から2014年1月に達した安値までの下落の38.2%以下となっています。そのレベルは0.90785に来ています。しかし、価格は0.8999レベルで、日足チャート上のブレイクされたトレンドラインの上にあります。トレーダーは次のモーメンタムの動き(上昇、または下落)に至るいずれかの端をブレイクすることに注目しています。0.8999レベルの上の価格で、レポートが強気で、価格が高くなれば、価格は0.90785に動き、0.9156での100日移動平均(結果として)に向けたそのレベルのブレイクの上に来ることに注目です。

0.8999レベル以下の動きで高値ブレイクは失敗のようです。いずれにしても、0.97567の高値から0.8659の安値への下落となった弱気のトレンドを想定していたはずです。

2014-02-13 10-55-55
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*