FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

英国のGBPUSDトレーダーは雨宿り、水曜日のイングランド銀行カーニー総裁の声明とインフレレポート待ち

週末に英国は豪雨となり、洪水が起こり、交通網や生活に支障をきたしました。これはおそらく、昨日の外億為替市場での動きが停滞している原因となっています。洪水の災害に遭った人々に同情します。

今週の金融市場では、イエレン氏が今週火曜に米国で注目となり、マーク・カーニー総裁とイングランド銀行のインフレレポートは水曜日英国掲示に関する情報を市場にリリースする予定です。

ファンダメンタルな観点では、イングランド銀行には英国の金利抑制へ傾くことに着手することになると思われる7%の失業率のターゲットがあります。このレートは予想以上のペースで下がっており、現在7.1%で、ターゲットの少し手前です。マーク・カーニーはトリガーとしてではなく、ベンチマークとしてこのレベルをヘッジしています。市場はマー・カーニー氏がイングランド銀行の立ち位置を明確にすることを期待しています。特に「フォワードガイダンス」がその1つであれば、その現状認識となります。もちろん、イングランド銀行だけではありません。米国では雇用の限界点を6.5%としており、不明瞭であるもの死守すべきラインとしています。米国や英国(ニュージーランドもおそらく近い状況)を含め、お互いに近い状況であるけれども、どの銀行も最初に利上げすることに意欲的ではありません。そうであっても、変化を起こすポイントまではまだあると感じています。

歴史的な観点で英国の経済状況を見ると、失業率は下がる傾向にあります。それは良いことです。GDPは過去3四半期間で+0.8、+0.8、そして+0.7%です。これも良いことです。前年比のCPIデータは下側のトレンドとなっています。英国はインフレが2%ターゲット以上となっていた国でした。エネルギー、食料品、酒・たばこを除くCPIは1.7%で2009年10月以来最低のレベルです。これは成長が減速しているのであれば、良い事ではありません。小売売上は12月に予想の0.3%の予想に対して2.6%の増加となっています。住宅価格(ライトムーブ・ハウス価格の評価としては)は直近6か月間で増減となっていましたが価格が月間2%の上昇となった2013年初旬に増加となっています。

 2014-02-11 15-27-57

ファンダメンタルの見通しはかなり良く、若干悪い状況です。テクニカル的にはどうでしょうか。

週足

 2014-02-11 15-28-16

先週GBPUSDはブレイクされたトレンドラインをテストし、維持、上昇となりました。今週は2007年から2009年までの安値への下落の38.2%は1.64274レベルに来ています。高値はこのレベルをテストし、下げました。価格が上昇するのであれば、この上に到達する必要があります。

日足

 2014-02-11 15-30-42

週足チャートと同様、100日移動平均と1.6260エリアでのGBPUSDでの直近の高値足からの上昇の50%で複数の安値に良いサポートがあります。金曜日の上昇と昨日の高値は1.6419レベルでのブレイクされたトレンドの下側をテストしていました。金曜日の情報と今日の高値は1.6419レベルでブレイクされたトレンドラインの下側をテストしていました。このレベルの上での動きで再度、GBPUSDの上昇開始となるはずです。しかし、その上のストップのレベルには売り手がいるはずです。

1時間足

2014-02-11 15-33-22

1時間足チャートは早い時間帯に調整の下げとなった後に、ポジティブになってきていました。下げの動きで価格は200時間移動平均(1時間足チャートの緑線)しかし、これらの動きは失敗しました。これは今、このペアのサポート及びリスク確定レベルとなっています。この上に留まれば、強気派が主導権を握ります。価格は1.64132での1月24日の高値から2月4日の安値への下落の38.2%の上となっていました。このレベルの上での終値となれば、買い手は上昇の確信を深める理由となり、日足と週足チャートでの1.6419-27レジスタンスのテストの押し上げ要因となります。

まとめ

イングランド銀行がインフレレポートにおいて何を言うか、そしてカーニー総裁の声明内容次第で多くが決まるでしょう。ファンダメンタルは全体として改善しており、テクニカルな点では先週、サポート維持となった後にポジティブな動きとなっています。その上に主要レジスタンスがありますが、トレーダーには主要テクニカルなハードルがあるものの、ロードマップで見通すことができます。

レジスタンスがブレイクされれば、1.6516をターゲットとし、1.6675での高値テストに向けた上昇開始となるはずです。レジスタンスターゲットがブレイクされなければ(維持されるとすれば)、200時間移動平均の下での動きがおそらく、上昇の可能性が失敗したことを教えてくれる最初のヒントとなるでしょう。
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*