FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは101.72レジスタンスに向かっており、この先、ハードルが待ち構える

2014-02-05 10-48-19 

USDJPYは、5分足チャート上の100バー移動平均の上に留まることができ、101.52-62エリアでの上側のターゲットに動きました。(以下参照:http://www.fxddjpblog.com/2014/02/04/35240/) 結果として強気派が主導権を握っていますが、価格は買い手に高値レベルを目指すべくさらに押し上げとなる101.62レベルの上に到達する必要があります。1時間足でのその他のレジスタンスはそのレベルの上の遠い所にはありません。1時間足チャート上でのトレンドラインレジスタンスである101.72-789と1月29日の高値から安値までの下落の38.2%は、価格がその上に戻るために買い手が必要としているレベルです。

2014-02-05 10-51-51

 一方、オーストラリア準備銀行(RBA)の声明とテクニカルな後押しを受けたAUDUSDについては、チャートは何を教えてくれるのだろうか。

 2014-02-05 10-53-18

AUDUSDは0.8822-32での高値と0.8693/0.8700での安値の間で抑えられています。グレン・スティーブン総裁とRBAが政策金利の声明において豪ドルの価値に言及しなかった時、価格は急騰し、0.8822-32エリアに止まりました。そして、さらに上昇しました。価格は0.8872レベルでの1月高値からの下落の50%以上に拡大し、修正を通してこのレベル以上に留まることができました。強気派が主導権を握っています。

以下の日足チャートを見ると価格は、0.8890レベル(サポート)でのトレンドラインレジスタンスの上にも動きました。このレベルの上に留まれば、強気派が主導権を握ります。

上側のターゲットには、0.8930での100日移動平均と0.9024での上側のトレンドラインが含まれます。

2014-02-05 10-54-52

以下の5分足チャートを見ると、価格の高値上昇はロンドンセッションでもみ合いとなり、100バー移動平均が価格に追い付くことができました。(以下のチャートの青線)ニューヨークセッションに入り、価格は移動平均をテストし、そのラインの上に留まることができました。価格はトライアングルの形成の上に動き、強気が主導権を握り続けています。サポートでもある100バー移動平均を利用するトレーダーに要注意です。その上に留まれば、強気派が主導権を握ります。

2014-02-05 10-59-08
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*