FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURJPYは調整の下げでブレイクされたサポートを見つける。

2014-01-31 11-35-33 

EURUSDは12月末に高値を付けて以来、調整の下げとなっています。価格の下落はその期間の上下動なしに、下げていたわけではありませんが、下げの過程で高値も安値も切り下げていきました。

昨日の日足チャートでは、価格は138.82レベルでブレイクされたトレンドラインをテストしていました。(安値は138.88に達しました。)価格はサポートで反発し、139.60の高値に向けて2度拡大しました。(以下の5分足チャート参照)予想よりもかなり悪化した中古住宅販売が価格を押し戻しました。そのため、高値と安値の端が確定したかもしれません。トレーダーはこのペアの次のトレンドのヒントとしてこのレベルを利用する可能性があります。

139.61のトリプルトップの上のストップで売り手が出てくる黄色のエリアでの上昇に要注意です。下落側では調整継続のためにブレイクする必要がある主要ターゲットがその138.83レベルに来ます。2回の別々のテストを行う根拠としてこのレベルを利用するトレーダーがいるため、彼らは押しで同じことをやる可能性が高いというのも納得できることです。

2014-01-31 11-36-05

一方、EURUSDはサポートトレンドラインをテストしており、弱気派が主導権を握っています。2014-01-31 11-38-53

EURUSDは再び1時間足チャートでのトレンドラインのサポートをテストしています。レジスタンスは1.3592エリアで100日移動平均に留まっています。1.3595での1月20日の安値からの上昇の61.8%は今、レジスタンス/リスクになっています。売り手が出てくるこのレベルに向けた動きに要注意です。弱気派が主導権を握っています。

 2014-01-31 11-40-26

価格は100日移動平均の下に下落し、1時間足チャート上のサポートトレンドラインまで下落し(以下を参照)、高値修正となりました。修正では1.3592レベルでの100日移動平均以下に留まることができ(高値は1.3587まで拡大しました。)、それから反転下落となりました。価格は1時間足チャートでのトレンドラインサポートいかにブレイクし、1.3545レベルでの日足チャート上のトレンドラインの交差点での次のターゲットに向けて目指しています。(これは一見して良いサポートになるはずです。)

 2014-01-31 11-41-17

今日の下げは調整の形での少しのトレンドの動きです。1.3545レベルでのターゲットは当然かなり良い日中のレベルです。そこで買いが入るはずですが、トレンドは時間をかけて予想以上に進む場合があります。今日見ていることを好感しているトレーダーはレジスタンスを提供する1.35768-85エリアに注目しているのかもしれません。そのレベル以下に留まれば、ショートが下げのトレンドの波に簡単に乗って来ることができます。

 2014-01-31 11-43-07

昨日、FOMCの声明の前に、このペアの上昇または下落の動きの見通しをレポートしました。(以下のチャートを参照)価格は直近の数日間にわたり1.3700レベル以下に留まることができ、反転し、下落しました。今赤い点3にいます。その主要サポートをテストです。ターゲットを越え、そのトレンドが維持されれば、このトレンドでもっと行けます。これが1つの考えです。

 2014-01-31 11-46-02

——————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*