FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSDはニューヨークセッションが始まり、崩れ、下げのレンジ拡大となる

2014-01-29 22-11-22 

EURUSDはニューヨークセッションのトレーディングの始めに急落し、1.3671での100時間移動平均の下に戻って下げました。(上記チャートの青線)価格は1時間足チャートでの下落方向のチャンネルで戻しています。

昨日からの安値1.3628と1.35067での1月安値から1.37385への上昇の50%は1.36226に来ており、今日の次の日中のターゲットです。それをフォローしているのは1.3612での20時間移動平均(上記チャートの緑線)と最後に100日移動平均(下記チャートの青線)は1.3583に来ています。これらすべてはモーメンタムが継続すると仮定した場合、FOMC前の下落でのターゲットです。1.3649-55でのレジスタンスに要注意です。これは日足レンジの38.2-50%です。(表示なし)売り手が主導権を握るなら、調整でこれらのレベルいかん価格を維持するはずです。

2014-01-29 22-12-37

FOMC前の上下動を見通す内容をブログの記事にしました。(http://www.fxddjpblog.com/2014/01/28/35147/)市場は始めに、100億ドルの緩和縮小を見込んで、下落を目指しています。

 

About the Author

Leave a Reply

*