FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

AUDUSD, GBPUSD, USDCADは大きく動き、EURUSDはそうではないが…

2014-01-23 13-01-18 

主要通貨ペアのうちの3通貨ペアが今日、動意づいています。

AUDUSD:  AUDUSDはCPIが予想以上に改善したことを受け、好調な動きとなりました。価格は上昇しましたが、売り手は200時間移動平均(上記AUDUSD1時間足チャートの緑線)に対して待機していました。そして、このペアはじわじわと下げていきました。昨日安値からの50%がテストされ、価格はそこからゆっくりあげました。「ゴールポスト」(100及び200時間移動平均)の間に価格が収まり、50%レベルを保持しており、買い手が主導権を握っていますが、0.8883dの200時間移動平均の上への動きがさらに高値を取るには必要とされます。中国が製造業PMIを8:45PM(米国東部時間)にリリースる予定で、予想は50.6です。これが今晩、影響を与えることになるでしょう。

GBPUSD:   GBPUSDも失業率が7.4%から7.1%に下げ、上側に上昇し、イングランド銀行が定めた7%の限界値(数字は政策上、あまり意味がないとしても)の0.1%以内にあります。重要なことは先週2.8%増加した小売売上と7.1%に下がった失業率で、好調なデータにインフレがどのように反応するのかを今後警戒することになります。インフレの匂いがするのでしょうか。いずれの場合でも、市場は維持でき、インフレが懸念となる成長を見るなら、GBPUSDにはさらに上昇のモーメンタムが出てくるはずです。今年の高値は1.6600に来ていました。そのレベルの上の動きは次に2011年8月からの1.6616高値、そして2011年4月からの1.6744高値をターゲットにします。下落側では、1.6545レベル、そして1.65337(これは今日の安値からの上昇の38.2%)に要注意です。

USDCAD:  カナダ中央銀行は政策金利を変更せず、維持し、ステファン・ポロズ総裁はからのコメントによれば、インフレに関する若干の懸念があります。USDADの価格は急騰し、買い維持で終値を付けました。その過程で、このペアの価格はトレンドラインレジスタンスがブレイクされた110.33レベルの上に移動しました。(USDCADチャートを参照)このペアの価格は今年の初めから加速したペースで上昇してきました。そうです。このペアは買われ過ぎですが、誰がトレンドのある市場の場合、だれもそれを懸念しません。市場は下落方向へ大きく押すかどうかを懸念しているのです。今日は、それが110.33レベルでブレイクされたトレンドラインになると思われます。それ以下に動けば、「買われ過ぎへの売り手」は上値を抑える根拠を得ることになります。その上に留まれば、強気派が主導権を握ります。

EURUSD:今日、そして今週、パフォーマンスが悪いのが…EURUSDです。5日間の内の3日が経過し、今週のレンジは安値から高値まで76ピップスです。それは今日や今週、新高値や新安値を付けなければ、2007年にまで遡る最低のレンジの1つであることを示しています。私の感じとしては、今週はまだ何かが残っています。(下落あるいは上昇拡大となるでしょう。)今日価格は上昇トライとなり、(1月14日の高値からの下落の38.2%以上に達しなかったとしても)失敗しました。そう言っても、連続する安値は全て高くなっています。う~ん。価格は下落へのバイアスを傾く100時間移動平均(チャート上の青線)の上に戻っています。そのレベルは1.3560に来ています。価格がこのレベル以下に留まることができれば、売り手は満足です。下落拡大に要注意です。このレベルの上で動けば、新高値への動きに要注意です。PMIデータがリリースされる予定であるため、それはコイントス状態ですが、明日のある時点で新高値あるいは新安値を目にすることになるはずです。モーメンタムが十分強ければ、いい感じの動きとなります。注意して、備えましょう。

——————————————————

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*