FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

マック・カーニーBOE総裁は失業率が7%である場合は利上げすることはないと述べ、GBPUSDは1.6590-1.6600のターゲットに向かう

2014-01-23 11-15-30 

1.6590は、1.6551-59エリアにリスクがある日中チャート上のトップ側のトレンドラインレジスタンスターゲットです。(上記チャート参照)以下の週足チャートを見ると、年間の高値は今年の最初のトレーディング日の1.6600レベルにありました。結果として、1.6590-1.6600レベルでのそのエリアはターゲットとなるレベルです。

それはブレイクすることができるのでしょうか。先週の改善した小売売上(2.8%)と改善した今日の失業率(7.4%から7.1%になった)は2つの裏付けとなったというファンダメンタルの状況があります。3番目はインフレ上昇開始となるのかどうかです。そのポイントでは、イングランド銀行は懸念し始めるでしょう。

CPIは2.1%から12月に2.0%に下がりました。これで中央銀行は余裕ができます。ピークでは2013年に2.9%でした。このレートはイングランド銀行のターゲットのレートです。2013年1月に価格は-0.5%下がりました。英国では新年の販売額は1月に落ち込むのが一般的です。しかし、その落ち込みは今年続くのでしょうか。そうでなければ、今後インフレが高くなる傾向に戻る可能性があります。

カレンダーの2月18日に印をつけてください。その日にCPIがリリースされます。

2014-01-23 11-18-37

カーニー総裁はさらに加えて::

  • 失業率が7%をヒットした時にさらにガイダンスを出す。
  • 回復は初期段階
  • 逆風が続く
  • 刺激策解除は「徐々に」行うべき
  • 2014年後半から2015年までに投資が回復
  • これまでの所、投資は乏しい

GBPUSDは、もみ合いの動きもあったものの、1日を通して高値圏にあり、価格は日中5分足チャート上でのトレンドラインサポート以下に下がりました。次の上昇ターゲットは今年の高値の1.6600です。

2014-01-23 11-22-23

——————————————————

 本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*