FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

米ドルは反転。株式市場とテクニカルの状況が悪影響

昨日朝午前7時(米国東部時間)に、米ドルは全ての主要通貨に対して強い状況でした。

主要通貨に対する米ドルの%変化
●1日の%変化   ○1週間の%変化(2014年1月20日   ○1ケ月の%変化(1月)
2014-01-22 12-58-16
対米ドルの%変化

12:16PM(米国東部時間)に、状況は確かに変化しました。上昇は全て反転しました。米ドルが強い通貨(カナダドル、豪ドル、ニュージーランドドル及びメキシコペソ)に対しても低くなりました。

12:16(米国東部時間)での1日の%変化
2014-01-22 12-58-35
対米ドルの%変化

経済リリースは無く、米ドルの下落は引き続き薄い流動性の状況による株式市場の下落とよくあるテクニカルな動きを起因としている可能性があります。

EURUSD:EURUSDは一昨日からの安値(今年)を取ることができず、このペアはゆっくりと上昇となりました。価格は終値の上に動きましたが、100時間移動平均(青線)、先週の高値からの下落の38.2%(1.3580)の下に留まっています。

GBPUSD:GBPUSDは昨日、米ドルの反転の触媒でした。乱高下の真っ只中にあり、トップ側の上にブレイクし、1.6451-56に到達し、さらに30ピップス上昇しました。

USDCHF:USDCHFは強気のトレンドラインレジスタンスの上に上昇しましたが、ブレイクレベルの上に留まることができませんでした。上での失敗で買い手が売り手に転じました。価格はマイナスの領域には突入し、100時間移動平均と1月14日の安値昨日に達した高値への上昇の38.2%をテストしています。

USDJPY:USDJPYはアジアセッションで全てを動き行い、ロンドンセッションでもみ合い、ニューヨークッションに入りました。調整下落の代わりに、再グループ化と戻り高値となり、価格は修正し、継続しました。このペアは週足の高値上昇の38.2%、100時間移動平均と200時間移動平均の下に下落しました。買い手にとっては残念です。さらに終値以下に下げています。

2014-01-22 12-58-48

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*