FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYはFedの緩和縮小期待から上値押上げ

2014-01-21 22-45-50 

ウォールストリートジャーナル(英文:http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304027204579332763943979336?mod=%3C%25mst.param%28LINKMODPREFIX%29)の記事によれば、Fedは次の会合で緩和縮小を予定通り行うとしており、 これがドル高を促進しました。価格は当初、200及び100時間移動平均(104.24及び104.37)の上に押し上げ、そしてトップ側のトレンドラインの上に押し上がることができました。(トレンドラインの下側は今104.52に来ており、それは今サポートになっています。上記チャート参照)います。

昨日のUSDJPYは1月13日の安値からの上昇の50%までの上昇に対してサポートの買い手が入り、と104.913での直近の数週間の高値までの上昇がトレーダーをうまく保持しています。

高値で価格がもみ合っており、市場のトレーダーは104.52レベルでの前述のサポートを維持するはずです。5分足チャートを見ると、今日の上昇の38.2%は104.52レベルに来ており、200バー移動平均(以下のチャートの緑線)はそのエリアにもあります。そのため、これはそのエリアを拠り所とするべく固めるはずです。以下の同チャートでの100バー移動平均は価格の動きにつかまっており、それは今テストされています。モーメンタムは消えてきていますが、それはニューヨークセッションが判断する時となりえます。ここに留まり/修正すれば、以下のサポートをテスト、あるいは反発し、さらに上昇します。このペアの判断を行う時間です。

2014-01-21 22-51-09
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*