FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

ロックハート・米アトランタ連銀総裁は米国の回復はしっかりした足場に支えられているとコメント

同総裁は加えて:

  • 2014年の成長への信頼感の表明として100億ドルの緩和縮小を支持する。
  • 不確実性への重要視が薄らぐ。
  • 2014年の見通しは成長の信頼感が高まる。

株式市場はダウが62ポイント、ナスダックが12ポイント下げ、昨日安値で取引されています。

USDJPYは5分足チャートの日中、100バー移動平均の下に留まっていました。コメントはドルのサポートとなる今後のFedの緩和縮小を支援するものが多いものの、株式市場の下落により、いつもの「日本円の相対的な安全性への退避」のトレードとなっているのかもしれません。

2014-01-14-1a

ロックハート総裁は記者の質問に答え

  • 株式市場はバブルではない。
  • 広範囲のインジケーターはインフレが低すぎることを示している。
  • 住宅ローンを増やしたいとは考えていない。

ナスダックが25ポイント下落したが、ダウは100ポイント下落していました。

EURJPYも株式市場の下落の圧力にさらされています。このペアは100バー移動平均(以下のチャートの青線、昨日安値に向かっている)以下に留まっていました。

2014-01-14-1b

GBPJPYはトレーダーがロングを決済し、急落となった。

USDJPYはこの数カ月で素晴らしいトレーディングとなっていました。10月から価格は96.56の安値から105.404に上昇しました。GBPUSDもこの数カ月は素晴らしいトレーディングであり、11月以来、価格は1.5833の安値から高値の1.6599に上昇しました。

USDJPYが上昇し、GBPUSDも上昇した時、それはGBPJPYが大きく動くレシピとなり、GBPJPYの価格は154.07から1月2日の174.80の高値に達しました。

金曜日にUSDJPYは強気のバイアスを失い、米国の予想以上に悪い雇用レポートで下落しました。今日はそのバイアスは未だに下げ継続となっています。

2014-01-14-1c

金曜日のGBPUSDは雇用レポートで上昇(米ドル安)しました。GBPJPYはUSDJPYが急速に下落したため下落し、GBPUSDは上昇しました。GBPJPYも200時間移動平均と100時間移動平均(上記チャートの緑線と青線)以下に下落しました。これで円クロスのバイアスは下落方向に変わりました。

今日、GBPJPYのそのトレンドは、USDJPYが下落し、GBPUSDも下落したことを受けて、下げ方向に加速しましたが、GBPUSDも加速しました。結果として、このペアのレンジは非常に大きく、高値から安値の取引で323ピップスとなりました。(直近の22日間の平均レンジは150ピップスです。)

もちろん、好調な状況には終わりがあります。特にショートしていたトレーダーが利益を確定する時はです。GBPJPYの価格は5分足チャートでの169.31の底のトレンドラインサポートを通って加速し、さらに80ピップス程度売りとなり、168.517となりました。しかし、買い手が買い戻しを行ったことで、価格はブレイクされたトレンドラインの上に上昇しました。弱気派はその動きで停滞しています。

失敗したところでの利益確定に要注意です。

 2014-01-14-1d

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*