FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

Fedは政策決定を行う。米国雇用レポートの詳細内容を見る

12月の米国雇用レポートはおそらくFedにとって最悪のシナリオでした。失業率が7.0%から6.7%に下がり、現在、失業率を抑えようとしているFedが設定した6.5%のターゲットの範囲に収まっています。しかし、動きの触媒は労働参加率における一定の減少でした。以下のチャートは失業率の下げと労働参加率がそれに伴って下げているかを示しています。

 

民間の労働力は1億5,528.4万人から1億5,493.7万人に減少(労働力からの34.7万人の減少)し、労働参加率は62.8%に下落しました。そのため、労働することを止めた人が引き続きいるということです。それもあり得ます。でも覚えておいてください。住宅市場は回復しており、これは住宅資産で裕福なベイビーブーマーが売りに動き、さらに小規模あるいはほどほどまかなえる住宅に乗り換える機会を提供したかもしれないことを覚えて置いてください-このプロセスにおいて住宅資産につぎ込んだ貯蓄を使い始めること。それは悪いことではないですが、引退した人が勤労人口よりも支出が多いのでしょうか。それはありえません。

 

それで、失業率は下がったけれども、経済や金融政策を検討するFedにとって最高のケースシナリオではない。

雇用の創造に関してはどうでしょうか。そのデータに希望の兆しがあるのでしょうか。

把握していることは、労働人口が天候のため、労働していなかったということです。労働省は、その数字は1977年12月以来最大で27.3万人だったと述べています。それは27.7万人が来月労働しないということを意味しているわけではなく、結局、12月は常に天候が問題となっているということです。(事実それは1月も問題となるかもしれません。)そうであるのにもかかわらず、考えられることかもしれませんが、ある種のリバウンドがあるはずです。

雇用増または雇用減を見ると、以下のチャートは、労働省が規定した11の主要セクターで雇用が生まれたことを示しています。それは6.9万人の雇用が生まれた貿易、運輸及び公共セクターについてそうなっていなければ、その数字は悪化していたでしょう。さらに、6.9万人の範囲でそのセクターで増加し、5.52万人は(必ずしも最高の給与ではない)小売業で生まれました。食品・飲料及び衣料品・衣料アクセサリー店舗の労働者がそれぞれ1.18万人、1.16万人の増加となりました。

その間、専門及びビジネスサービス内(今月1.9万人増加)、会計・財務サービスは先月2.47万人減少となりました。これは労働省が追跡記録しているカテゴリーにおいて最大の減少でした。これらの雇用者は一般的には平均的な小売業の雇用者よりも高給取りです。このセクターで最大の増加となったのは、4.04万人増やした臨時派遣就労者です。経済において支出のモーメンタムを生み出すことを期待しても、臨時派遣労働者や小売業被雇用者を会計士に雇うことはありません。

建設業(打撃を受け、雇用回復が始まって以来、回復していません)は、1.6万人の雇用を失い、後退しました。天候の影響があるかもしれませんが、この業界での雇用はどこにあるのでしょうか。

情報によれば、映画業界では1.2万人の雇用が失われ、音響録音業界は1.37万人の減となっています。ハリウッドに何が悪いのでしょうか。

政府は2014年において足を引っ張るものではないと思われいますが、地方自治体の教育では11月に対して12月に1.49万人の雇用が失われています。

 

集計すると、雇用増の上昇モーメンタムは今月打撃を受けました。

以下のチャートを見ると、非農業部門雇用者数の3か月の平均は20万人レベル以下に落ち込み、今年の平均の雇用増は18.1万人です。(実質的に昨年の平均と同じですが、若干、昨年のペースよりも、若干低いです。)その数字がただ現状維持ということでなく、19.0-20.0万人レベルに近づく数字となれば良かったと思われます。

 

そのため、Fedはどう考えるのでしょうか。

Fedは十分に説明をしなければなりませんが、弱い状況があるのにもかかわらず、Fedは1月末の会合時に引き続き、月間100億ドルの資産買い入れを止ることになります。一般的に、Fedは反対の方向に政策のかじ取りを行い始める時、止めません。Fedは未だにパイプラインに多くの刺激策を持っており、1ケ月でトレンドは作らないということをお忘れなく。加えて、国債のイールドは10年物が3%から2.88%に下がりました。そのため、Fedにはレートをさらに100億ドルの縮小に増やすため、住宅市場を抑え込む懸念がありません。そのため、Fedの次回の会合で少なくともこのプログラムを継続するFedに期待です。

Fedが行うべきことはガイダンスを修正することです。失業率6.5%はそれが参照値であるなら、それを言及する価値は明らかにありません。結果論ですが、特定のガイダンスのアイディアはそれが悪い考えであったかも知れないということです。6%や5.5%が必ずしも言及する価値があるものであるとは分かりません。Fedが行うかもしれないことは、緩和縮小継続の必要性を伝え、市場にレートの変更に向けたガイダンスは少し先の話です。それは実際、目新しい事ではなく、今日のデータの状況を考えると、実施することができる最高の事である可能性が高いです。

 ——————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*