FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは2弾下げとなる

USDJPYは予想よりも悪い雇用レポートで下落しました。サポートで止まりましたが、38.2-50%リトレースメントエリアに向けて調整することができただけです。104.617から104.751への修正ゾーンの上に拡大することができず、弱気派が主導権を握っています。このペアは2弾足下げでさらに下落拡大となりました。そのため、売り手が主導権を握ったまま、トレーダーは104.15-256をレジスタンスとして見ています。(新たな下げの足の新たな38.2-50%レベル)調整におけるこのエリアでの売り手に要注意です。

EURUSD1.36788リトレースメントターゲットに動く

 

EURUSDは新高値に動き、1.36788レベルをテストしています。これは12月高値から昨日達成した安値への下落の38.2%です。上昇は売り手が、弱いデータで売り手が元の上昇の50%以下に価格が下げることができなかったこと、そしてチャンネルトレンドラインの上に動き、その上に留まることができたことが支援材料となりました。1.36788の上に動けば1.3719を次のターゲットとし、買いの関心を高まることになるはずです。サポートは1月7日からの高値と200時間移動平均(上記チャートの緑線)に相当する1.3656エリアに来ています。

GBPUSDは高値に戻る

 

2014年の高値から2014年の安値への下落の中間点は1.64687に来ています。価格は非農業部門雇用者(NFP)レポートがリリースされた後の上昇で、昨日と今日の両日、そのレベル越えて戻りました。今日の高値からの調整(以下のチャート)で価格はそのレベル以下に下落し、トレーダーは昨日の終わりの時間にかけて、そのレベルをレジスタンスとして利用していました。しかし、そのレベルの上に戻り、買い手が再び入ってきました。次のターゲットは1.6500レベルに来ています。そのレベルの上の動きで、さらに上昇のモーメンタムが強まり始めるはずです。

 ——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*