FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSDは底のトレンドラインでサポートされている。

ドラギ総裁のコメント:

  • 価格の圧力は抑え込まれたまま。
  • インフレへの中程度の期待はしっかりと支えられている。
  • 長く続く低インフレ。2%に向けてさらに高くなると予想される。
  • 長期間低金利を維持
  • 全ての利用できる手段を活用する用意があるt
  • 実質GDPは第3四半期に0.1%上昇した。
  • 生産は、柔軟な金融政策のスタンスでサポートされたスローペースの回復期待がある。
  • ユーロの成長のリスクは落ち込みにある。
  • 経済の見通しへは下落のリスクがある。
  • 商品価格の上昇がインフレに対する上昇のリスク。

EURUSDはドラギ総裁の当初の発言を受けて1.3608での100時間移動平均以下に下げました。

  • ECBは本日、フォワードガイダンスを強化した。
  • ECBは保証されれば、施策対応に動く。
  • 必要であれば、あらゆる政策を活用する。
  • 日本にデフレの影響がみられない
  • 現在、デフレは見られない
  • デフレの可能性に警戒を要する
  • 低インフレが実質可処分所得をサポートしている

EURUSDはドラギ総裁の記者会見の間に下落しました。価格は1.360レベルでの100時間移動平均の下に下げ、徐々に下げを拡大しました。価格は1.3574レベルの一昨日の終値以下に下げました。これが現在、上昇修正のレジスタンスになっているかもしれません。下落の中間点は1.3590に来ています。(以下の5分足チャートを参照)売り手が主導権を握れば、トップ側でこのレベルが突破されるとは思われません。(下落の大きな動きを探しているトレーダーにとって、これがリスク確定のレベルです。)

——————————————————–
本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*