FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは2013年5月の高値/100時間移動平均に戻る

USDJPYは昨日、無気力な状態で低く推移していましたが、100時間移動平均(上記チャーtの青線の103.72)と2013年5月の今年の旧高値である103.72(昨日の安値は103.76)でリスクを確定し、限定した買い手が現れました。買える2つの理由は、そのレベルに向かうサポートを固めました。価格がホリデイシーズンの今週の盛衰で下にブレイクするのなら、200時間移動平均(103.34レベル及びその上での上記チャートの緑線)に向けて決済し、精査していく買い手に要注意です。)

金曜日の下落からの38.2%-50%レベルは104.093-104.195に来ています。この上に戻れば、売りは全て忘れ去ることになります。

下で維持されていたサポートレベルが良い感じだと思います。上昇はしばらくの間このペアの調整となるかもしれないということをほのめかしています。しかし、ホリデイの週はトレーディングが抑え込まれたものとなることに要注意です。

 

——————————————————–

 本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*