FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

バーナンキ議長とFOMCは全ての者に影響を及ぼす

バーナンキ議長の主要コメント内容:

  • 景気は引き続き、進展している。
  • 回復は完了とは言えない。
  • Fedはさらにバランスの取れたリスクを確認している。
  • 今後の金融緩和の変更は慎重に行う。
  • 金利は失業率6.5%の後でも低金利維持
  • 低インフレも高インフレも避ける
  • 雇用は改善の見通し
  • データの裏付けがあれば、QE縮小を行う可能性が高い。
  • インフレが2%となるのは難しい。
  • 総合的にQE縮小を議論した。
  • QEは補完的なツール
  • 資産価格に対するQEの影響の懸念を確認
  • Fedは成長のペースに落胆している。

以下の文でFEDは市場の不安を解消しました。その中で、彼らは国債買い入れを継続するものの、現状レベルではないと述べています。言い換えれば、QE縮小は今後のデータと期待感次第ということです。

「委員会は今後数か月間、景気と金融の展開を注意深く監視し、労働市場の見通しが価格の安定性と意味合いで、大きく改善したとなるまで、引き続き国債と資産担保証券の買い入れを行い、適宜、その他の政策ツールを採用します。入って来る情報は広く委員会の労働市場の状況の継続的な改善と長期目標に向けたインフレの後退期待をサポートするのであれば、委員会は今後の会合でさらに慎重な段階で資産購入のペースを減速する可能性があります。しかし資産購入は既定の予定となっているわけではなく、そのペースに関する委員会の決定は委員会の労働市場とインフレの見通し、それに加え、そうした購入の想定される有効性とコストの評価によるものとなります。」

10年物国債の利回りは、2.86%のままほぼ据え置きです。ダウは292ドル上昇、ナスダックは+46です。金融緩和縮小で下げることが予想される金はリバウンドしました。

FEDの中心の傾向は、GDPの9月から2014年の見通しは変化なしと見ています。失業率のレートは2014年に下がることが予想されており、インフレは2%の目標以下と予想されています。

連邦準備制度理事会委員と連邦準備銀行総裁の景気の見通し(2013年12月)
FOMC議事録でリリースされる予定の景気見通しのサマリー第1表の事前リリース


注:実質国民総生産(GDP)の変化の見通しとインフレ対策は対前年第4四半期の表示年第4四半期からのものです。PCEインフレとコアPCEインフレは個人消費支出(PCE)の価格インデックス及び食品とエネルギーを除くPCEの価格インデックスそれぞれにおけるパーセンテージ変化です。失業率の見通しは、表示年の第4四半期の民間失業率の平均となっています。各委員の見通しは、適切な金融政策のそれぞれの評価に基づくものです。その後の見通しは、適切な金融政策の下で収束し、景気へ衝撃を与えないと期待されているレートの各委員の評価を表しています。9月の見通しは2013年9月17日~18日のFOMC会合に並行して行われたものです。
1.中心の傾向には、毎年の各変数の最高と最低の見通しを除外しています。
2.任意の年における変数の範囲には、その年に対する変数の最低から最高までの全委員の見通しが含まれています。
3.コアCPEインフレに対するその後の見通しは回収されていません。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*